人材のプロが語る「50代でも満足できる仕事に就く」10の秘訣

  • LINEで送る
2016.02.19

shutterstock_318061418

平均寿命が飛躍的に延びた現在、一時期集中して頑張り早めにリタイアする「短距離走」から、生涯現役で働き続ける「長距離走」へとキャリアの作り方は変化していっています。実際、総務省の調査によると、50~54歳女性の就業率はなんと全体の70%以上。

ただ、実際に満足できる仕事に就くのは至難の技という現実もあります。でも、諦めちゃいけません。キャリア支援会社であるPositive Workplace PartnersのCEO、スーザン・ペッパーコーン氏は以下のように述べています。

「年長者は経験に長け、組織の中で働く術をよく心得ています。しかも多くの場合、後進を育てることにも意欲的で、大きなことをしたいという野心も若者に負けていません」

労働市場においても、年長者の魅力は見直されてきているのです。ちょっとしたコツさえ覚えておけば、50歳以上でも十分よいポストに就けることも。では、人材紹介業のプロにその10の秘訣を教えてもらいましょう。

■1:これまでの人脈をフル活用する

まず、長年のキャリアを培ってきた人たちの最大の武器は人脈。人脈は財産ですから、使わない手はありません。もちろん、「今、仕事をさがしているんです」と言いたくない気持ちはわかります。

でも採用する側から見ると、信頼できる人からの紹介があったと言うことは、重要なポイントになるんです。この重要な切り札を使うために、できるだけ多くの人に、あなたが仕事を探していることを伝えましょう。

■2:面接時に身につけるアイテムを買い換える

服装で人を評価するわけじゃないと思うかもしれません。しかし、短い面接の時間の中では服装もあなたの人となりを伝える重要なアイテムとなるのです。昔の仕事着を使っている人は、面接用の新しいスーツと靴、ワイシャツかブラウスを買い替えましょう。

選ぶ時に大事なのは、年齢相応に見えて、それでいてちゃんと流行を追っていること。その方が、エネルギッシュに見えて、いかにも仕事ができるように思われます。

そして、メガネもかけている人はメガネも重要! メガネのフレームが昔風だと、せっかくの新しい服が台無しになります。スーツと靴、ワイシャツ、メガネ、この4点のアイテムをさっそく探しに行きましょう。

■3: LinkedIn(リンクトイン)を駆使する

世界最大のビジネスネットワークLinkedInを知ってますか? 今や人材紹介会社や企業の採用担当者にとって、もっとも頼りになるサイトです。

もしも登録がまだなら、ちゃんとしたカメラマンに顔写真を撮ってもらって、完璧なプロフィールを作りましょう。米Jobvite社の調査によると、人材紹介業者の94%が人材探しにLinkedInを使っているのです。

■4:履歴書に書く実績はここ15年位にする

50歳を過ぎたあなたは、長い経歴があり、実績をすべて書き込みたい気持ちはわかりますが、長くて、読みにくいのは逆効果。せいぜい、さかのぼっても15年位にしましょう。アピールすべきは最近の業績です。

■5:Gmailのアカウントをつくる

もしもまだHotmail のアカウントを使っているなら、Gmailなどの新しいメールサービスに登録してください。若いネット世代が使うようなメールサービスを使っていると、あなたが若者とそれほど変わらない時代感覚を持っているという好印象を与えます。

■6:自分の経験をしっかり語る

あなたが若い志願者たちよりも誇りにできること、それは経験です。自分の経験と技術が、その会社にどれほど役立つかをしっかり説明しましょう。そして、企業の次世代をになう若い社員たちを指導し、育成できる人間であることもアピールしてください。

■7:適応力や柔軟性をアピールする

歳を取ると自分のやり方を変えられないものだ、という思い込みを持たれると、50歳を過ぎた人はたまったものではありません。そう思われないために、今までいかに状況の変化を受け入れ、そのおかげでどれほど多くのものを得たかを説明しましょう。

また短期契約や派遣労働では、若い方が有利と思われがちですが、家庭を持ち、子育てもしなければならない世代は、正規雇用の口が見つかれば、すぐに辞めてしまいます。そういう意味で、子供の学費の心配がない年配の志願者は貴重です。自信を持って面接にのぞんでください。

■8:専門分野の知識をアップデートする

年配の志願者でも、採用担当者が良い印象を受けるのは、専門分野の最新の動向がわかっている場合です。

専門分野に必要なハードウェアやソフトウェアの講座を取りましょう。そして専門分野の新しい用語や、その道で輝かしい成功を収めた人について知っておいてください。必要な資格も取っておきましょう。

■9:自分の技術をしっかりアピールする

今回の職場で成功するには、専門分野に関するしっかりとした知識を持つことです。ですから、就職活動と面接が進行する間は、常に最近の技術や動向にアンテナを張っておくこと。

また履歴書に、ただエクセルを使うのが得意と書くだけでなく、エクセルを使って会計処理をしたら楽になったなどをの具体的なエピソードを面接で話すと、説得力があります。

■10:30代の頃とは意識を変える

50歳を過ぎて仕事に応募するなら、即戦力であり簡単には辞めない人材だと印象づけることが大事。企業は、エネルギッシュで利益を生んでくれそうな人を求めています。30代の頃にはあまり考えなくてよかった事ですが、年を取るとエネルギッシュで精神力のある人だと思わせることは重要になってきます。

10の秘訣を見たら、50歳を過ぎての職探しが以前よりポジティブに捉えられるようになってきたのではないでしょうか。歳をとっているからといって、若い人に引け目を感じる必要はありません。重ねた年輪は、若者には決して真似できない魅力です。年の功をうまく出せれば、きっとよい仕事に巡り合えるはずです。

(文 /スケルトンワークス)

 

【参考】

10 Tips to Land a New Job When You’re Over 50-the street

女性(45~64 歳)の就業率の変化-総務省

関連記事