洗濯は腹筋100回分!意外にカロリー消費が多い家事トップ10

  • LINEで送る
2016.02.27

shutterstock_306280352

1週間の家事で使われるエネルギーをご存知ですか?

その合計は、なんと2000kcal! 1時間の洗濯は腹筋100回、窓ふきは腕立て40回に相当するエネルギー消費です。

スポーツと栄養のショッピングサイト『MuscleFood.com』が発表した、ダイエットに取り入れられる、エネルギー消費の多い家事トップ10をご紹介します。

■10位:ベッドメイキング(65kcal)

面倒だからとベッドメイキングを怠っていませんか? 小さなことでもカロリーを消費するチャンスです。

■9位:洗濯(78kcal)

腹筋100回と同じだといわれると重労働のように思えますが、毎日しているとあまり気になりませんよね。干すときには腕を上げたりかがんだりするので、カロリーが消費されます。

■8位:掃除機(90kcal)

意外と重い掃除機は、かけるだけで15分間のキックボクシングと同じカロリー消費。毎日のお掃除が楽しみになりますね。

■7位:風呂掃除(100kcal)

毎日行う風呂掃除はジャンピングスクワット30回分に相当します。ジャンピングスクワットを30回する気は起きませんが、風呂掃除なら毎日できますね。

■6位:掃き掃除(145kcal)

掃除機よりもカロリー消費を増やしたいなら、断然掃き掃除です。ほうきとちりとりを使って家中を掃除しましょう。

■5位:庭仕事(213kcal)

たった30分の庭仕事でも自転車こぎ45分と同じカロリー消費になります。かがんだ姿勢が多くなるので、下半身の筋肉が鍛えられそうです。

■4位:草刈り(325kcal)

重い草刈り機を持っての作業は、全身の筋肉を使います。そのカロリー消費はスポーツ選手も行う高強度インターバルトレーニング20分と同等です。

■3位:窓ふき(334kcal)

腕を上下に動かし、さらに膝を曲げてかがむ動きも加わる窓ふきは、エネルギー消費の大きい家事です。腕立て40回と同じくらいのカロリーを消費します。

■2位:アイロン(420kcal)

意外な重労働、アイロンがけ。ちょっとシャツがたまると、時間がかかってしまいますよね。その消費エネルギーはなんとズンバクラスへの参加に相当。腕の筋肉が鍛えられそうです。

■1位:皿洗い(560kcal)

1番カロリー消費の多い家事はなんと皿洗い。夕食後の15分間の皿洗いを1週間続けると、2,500メートルの水泳と同等の消費エネルギーです。

毎日何気なくやっていることですが、意外にもいい運動になっているようです。面倒くさがらずに、毎日ていねいに家事をして、身も心もきれいになっちゃいましょう!

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

The chores that burn the MOST calories: How doing the laundry is the same as 100 sit-ups and a week’s worth of ironing is as good as a Zumba class-Daily Mail Online

関連記事