もう自分の選択に後悔しない!すごい結果を生み出す3つの選択力

  • LINEで送る
2016.02.28

suzie.20160227

『飛び抜けたアイデアを出す人がやっている ブレイクスルー思考トレーニング』(ひもとあやか著、日比野省三監修、日本実業出版社)は、「普通」の思考法から抜け出して、「飛び抜けたアイデア」や「突き抜けた発想」を得るためのメソッドを紹介した書籍。

「この発想はなかった!」と大勢の人から称賛されるような商品やサービスを考えたい人に“使える”思考習慣がつまっています。

監修を担当しているのは、1990年に南カリフォルニア大学のG.ナドラー教授とともに「ブレイクスルー思考」を発表して世界的に注目を集めたという人物。

そして、ブレイクスルー思考研究に従事、企業・行政・学会等での講演、研修の講師を務めている著者が、その考え方をまとめています。

まず意識しておくべきは、「いかに賢く考え選択するか」を意識的に行うことでブレイクスルーを可能にする選択者たちを「スマートセレクター」と呼んでいる点です。

人間だれしも、「あの選択は間違いだった」という後悔の一つや二つはあるもの。プライベートでもそうですが、ビジネスでも選択肢を間違えて大損するのはよくあることです。

しかし、賢い選択ができるようになれば、そんな失敗はなくなります。自分自身がスマートセレクターになって飛躍するためには、「3つの選択力」が重要な意味を持つのだといいます。

■第1の選択力:セルフメイド選択

私たちは、上司や親、先輩、友人、歴史上の人物、著名人、世間の同世代などがうまくやってこられたことを、「みんなできたんだから、きっと安全に違いない」と考えてしまいがち。

たとえばビジネスの世界でも、「競合他社が成功したのだから、我が社もきっと大丈夫だ」というような話はよくあります。

しかしこれは、著者によれば「レディメイド選択」。レディメイドとは大量生産される既製服のことですが、つまりは前例や成功例に依存しきった選択方法だということ。

たしかに誰かがやってうまくいったのであるなら、楽で安全なように思えても無理はないでしょう。しかし、実はそこが落とし穴。

なぜなら誰かがうまくいったとしても、主役や場所や時が違えば当然のことながら同じ結果は生まれないはずだから。

いわば、そんな状況下で「同じような問題だから、同じように解決できるはずだ」と楽観視し、選択してしまうのがレディメイド選択だということです。

いっぽう、違いを見落とさないだけでなく、違いを最大限に活かすのがスマートセレクター。どんなときにも、「万物にはユニークな差がある」ということを前提として選択するわけです。

どれだけ状況が似ていたとしても、関わる人や目的、価値観、場所、時が違えば、「似て非なる問題」と考える。

そして、どんな場合にもあてはまる「ほどほどの解」ではなく、特定の場(主役、場所、時)にとって最適な解決策を考え抜いて選ぶ「セルフメイド選択」をするべきだということ。

■第2の選択力:目的情報選択

当然といえば当然ですが、人は「より多くの情報を収集してから分析するほうが、適切な答えを得られる」と考えてしまいがち。

しかし、主役・目的が違えば、必要な情報も違ってきます。だからこそ、「誰が主役で、目的はなんなのか」を明確にしないまま、情報を集めることだけにとらわれてしまうと、混乱してしまうだけ。

しかしスマートセレクターは、闇雲に多くの情報を集めるのではなく、問題解決に必要な、解決策に関する情報を“最小限”集めるもの。

まず「セルフメイド選択」で場を設定し、主役の視点から目的を明確化。次いで「目的のためにはどうあるべきか」を考え、必要最小限の情報を効果的に集める。それが、スマートセレクターの第二の選択である「目的情報選択」。

■第3の選択:ズームアウト選択

スマホやカーナビで地図を検索したとき、目的地にズームインしすぎると周辺の道やお店はわかっても、現在地からの道順がわからなくなってしまいます。

だからそんなときはズームアウトして、全体を確認する必要が出てくるわけですが、物事についても同じことがいえるそうです。

全体が見えていない場合は、選択そのものを誤ってしまう可能性があるということです。そこで必ずズームアウトし、目的性・連動性・全体性を見ることが大切。

現実的には、安全だと思っていたルート(手段)がなくなってしまうことも少なくないでしょう。だからこそズームアウトして全体を見渡しながら事前に危険を察知し、柔軟にルート変更できるようにしておくことが重要。

そうでないと衝突・沈没したり、行き詰まったりしてしまうわけです。

著者によれば、「夢や理想があっても叶えられない人」と、「次々と実現していくスマートセレクター」との違いはここ。そこで、行き詰まったら、ズームインしすぎていないかを確認してひとまずズームアウトし、「目的を達成するためには、どんな仕組みが必要なのか?」を考えてみることが大切だということ。

さまざまなキャラクターを設定し、彼らの考え方や行動に沿って「ブレイクスルー思考」が解説された内容。

「突出したなにか」にたどりつくためのヒントを、ここから見つけ出すことができるかもしれません。

(文/書評家・印南敦史)

 

【参考】

ひもとあやか、日比野省三(2016)『飛び抜けたアイデアを出す人がやっている ブレイクスルー思考トレーニング』日本実業出版社

関連記事