焦らなくてOK!20代より「30代」で結婚するべき10の理由

  • LINEで送る
2016.02.29

shutterstock_334290167

女性の初婚年齢はどんどん上がっています。平成5年の日本の平均初婚年齢は26.1歳でしたが、平成23年では29.0歳と、20年ほどで3歳上がっています。

これからも上がっていくことが予想されますが、実は、結婚は20代よりも30代にしたほうがいいという意見があるのです。

アメリカの恋愛相談サイト『YourTango』が発表した、20代に結婚、離婚し30代に再婚した女性の経験から、30代で結婚するべき10の理由をまとめました。

■1:男性を見る目が肥えているから

酸いも甘いも嚙み分けた30代だからこそ、「この人は」という男性に巡り合えるもの。20代のころとは違って、見た目がいいだけのプレイボーイに騙されることはありません。

■2:恋愛は数人としたほうがいいから

関係がうまくいっているうちは、誰でも「この人よりいい人はいない!」と思ってしまうもの。しかし、くらべる対象があったほうが、より冷静に客観的に関係を築いていくことができます。

■3:20代はまだ人格形成途中だから

20代は、まだ自分を知りはじめたばかり。自分の本当に好きなことや嫌いなこと、絶対に許せないこと、性格などを把握しきれていません。そんな時期に結婚しても、うまくいかないことが多いのです。

■4:人間関係を築くスキルを持っているから

結婚すると、人間関係も変わります。30代くらいになると、人生経験も豊富になってきて、人間関係を築くためのいろいろなスキルが身についています。百戦錬磨の30代なら、アプローチのしかたがひとつではないことをよく知っていますよね。

■5:自分に必要なことをよくわかっているから

自分のことをよく知っている30代は、関係が進みそうにないデートで時間を無駄にしたりしません。自分に必要なことがよくわかっているので、相手が自分と合うかどうかもすぐに見極めることができます。

■6:自分に自信があるから

自分に自信がない20代のうちは、自分を癒してくれる異性にすぐに飛びついてしまいがち。でも30代になると自分に自信が出てくるので、自分の承認欲求を満たすためではなく、きちんと相手を見て関係を築くことができます。

■7:お金の管理のしかたがよくわかっているから

残念なことですが、若いカップルが離婚を決める理由の大半は、お金の問題です。30代になると、お金の大切さも、それをどう管理したらいいかも、誰かに教わる必要がありません。

■8:キャリアが充実しているから

30代は仕事も楽しく、できることも増えて、もっともキャリアが充実しているとき。経済的に安定しているので、結婚準備も楽に進めることができます。

■9:一人暮らしの経験があるから

一人暮らし経験ゼロからいきなり結婚してしまうと、まず生活そのもので手一杯になってしまいます。一人暮らしの経験があれば、その点はまず安心です。

■10:周りの声に惑わされないから

20代のうちは、親や友だちのいうことにいちいち影響されてしまうもの。30代になると、まわりの声に惑わされず、自分の意志をしっかり持つことができます。実は、結婚生活をうまくいかせるには、これがとても重要なことなのです。

まわりが結婚しているからといって、30代でも焦る必要はありません。年齢にこだわらず、自分にとって最高のパートナーを見つけましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

10 Valid Reasons You Should Get Married In Your 30s, Not Your 20s-YourTango

平成23年人口動態統計月報年計の概況-厚生労働省

関連記事