「ズボラだから10kg痩せた」男性に学ぶダイエット成功の秘訣

  • LINEで送る
2016.03.04

zuboraq

ダイエットが続かないのは自分がズボラだから……なんてあきらめかけている人はいませんか?

コミックエッセイ『メタボでズボラな夫がみるみる10kgやせました』(メイ ボランチ著、リベラル社)を読めば、それが大間違いだということがよくわかります。ダイエットに、性格がズボラかどうかは関係ないのです!

本書は、著者のメイさん夫婦が歩んだ、笑いあり涙ありの約5年にわたるダイエット記録。2人で11ものダイエットに挑戦し、それぞれが自分に合ったダイエットに巡り合っていく過程は、まるで1本の長編ドキュメンタリーです。

本書の主役は、かつて身長181cm体重65kgで細身のパンツをはきこなしたイケメン夫・あつさん。

ズボラな性格ゆえに、手持ちの服が着られなくなっても「ボクまだやせ型でしょ」と好きなお菓子をやめられず85kgまで増量。そこから失敗を繰り返し、10kgの減量に成功していく姿には目を見張るものがあります。

成功の要因は、いったいなんだったのでしょうか? ここでは本書に描かれた夫妻のダイエット遍歴から、ズボラさんだからこそマネできる3つの秘訣をご紹介します。

■ズボラだからこそマネできるダイエットの秘訣

(1)モットーは「無理しすぎない」

ダイエットを決意すると、どうしても「半年でマイナス10kg!」など張り切りがち。ですがあつさんは、決して気負った目標は立てず、肩の力を抜いてできる範囲でのダイエットを続けます。

大変だ、無理だと思ったらその方法はすっぱりとあきらめることも大事。

すぐに新たな方法に挑戦することで、複雑なものや我慢を必要とするものは淘汰され、無理なく続けられる方法が自然と残っていく……という展開は、「むしろズボラな性格である方がダイエットに向いているのでは?」と思いたくなってしまうほど。

ズボラでも、新しいことにトライする意欲があれば、大幅減量は夢ではないのです。

(2)グラフで成果の「見える化」

そうはいっても、モチベーションを維持するのは大変。ズボラさんならなおさらです。そこで夫妻が導入したのが、毎日の体重を計りグラフ化する方法。体重の変化を折れ線グラフにすることで経過は一目瞭然、ゲーム感覚でダイエットが続けられるようになったそうです。

やり方は簡単。初日の体重を目安に、あとはシートに毎朝トイレ後の体重を記録して線でつないでいくだけ。さらに、その日食べたものや食べすぎた反省、運動や排便の有無もチェックしていくと、太る原因も何となくわかってくるといいます。

本書には、コピーして使える体重記録シートがついています。思い立ったらすぐ実践できるのも、うれしいところです。

(3)励まし合える同志の存在

どんなに意志が固くても、我慢が限界に達したり、疲れたときやイヤなことがあったときなど「もう我慢できない!」「きょうだけは特別!」と食べたいストレスが爆発したりすることだってあります。そこで力を発揮するのが、励まし合える同志の存在です。

あつさんの場合は、それが奥様であり本書の著者・メイさんでした。たとえば大好きなお菓子を半分残すのは至難の技ですが、夫妻で半分こして食べればカロリーは半分、おいしさは2倍です。

パートナーのがんばったエピソードや失敗談も、競争心があおられたり逆に気持ちのリセットになったりと、ダイエットのいいスパイスに。メイさん・あつさん夫妻は体重記録シートを並べて貼ってモチベーション維持にも役立てています。一緒に頑張れる同志を見つけることが、ダイエットへの近道です。

■読者は自分に照らし合わせて疑似体験できる!

本書の魅力のひとつが、まったくタイプの違う2人が11種類のダイエットに一緒に挑戦し、成功したり失敗したりする姿を描いていること。

男女の違いだけではありません。悪くいえばズボラ、よくいえばおおらかなあつさんと、真面目で責任感の強いメイさんという性格面の違い、会社勤めの夫と自宅で家事・育児をこなす妻という生活パターンの違い。

それぞれがジョギングやウオーキング、主食抜きダイエットや杜仲茶ダイエットなどに挑戦し、続いたのか挫折したか、何キロ増減したかも記録されています。

読んでいると、「ああ、私もこれは挫折するだろうな~」と思うこともしばしば。読者は、2人のうちどちらかに自分を照らし合わせ、11ものダイエットを疑似体験することができるのです。

終章で、それまで太っても気にせず服も「適当に買ってきて」といっていたあつさんがついに自分に合ったダイエットを見つけ、「服を買いに行きたい」とつぶやくシーンは、11のダイエットを一緒に疑似体験してきた読者にとっても感動の瞬間。

本書を閉じた時、「よし、私もきょうからやってみよう」と思える1冊です。

(文/よりみちこ)

 

【参考】

メイ ボランチ(2016)『メタボでズボラな夫がみるみる10kgやせました』リベラル社

関連記事