68%の販売員が食習慣に問題アリ!健康を害しやすい8つの職業

  • LINEで送る
2016.03.14

shutterstock_305364764

米CNNで、選ぶ仕事によって健康が左右されるという特集が放映されました。

アメリカ心臓学会で、ある種の職業に従事する人が特に健康を害しやすいという研究発表があったことを受けてのもの。

心臓病歴のない45歳以上の5,566人を対象に、血圧、血糖値、コレステロール、健康レベル、食生活、喫煙、肥満度を調べ、心臓に負担のかかる8種の職種を選出したといいます。

たとえば、運送業は他の職種より喫煙者が多く、さらに肺の病気以上に心臓病になりやすいのだとか。

そこで今回は、気になるその8種の職業をご紹介したいと思います。

■1:販売員

ひっきりなしにお客様の対応に追われる販売員は、昼食すらまともにとれないことも多いかもしれません。この仕事に従事する人の68%が不健康な食習慣を持ち、69%のコレステロール値が高く、常に健康管理が必要です。

■2:事務職

一日中デスクワークを続けている人には、腰痛や肩こりに悩む人が多数。適度な運動を取り入れれば改善されますが、絶え間ない電話やメールへの応対、仕事の多さ、人間関係による精神的疲れから、ジムへ行く気も失せてしまいがち。

精神的な疲れは休憩だけではなく、運動や健康的な食生活でも解消されます。ぜひ実行してみましょう。

■3:警察官

国民の安全を守ってくれる警察官は、「間違いはなくて当たり前」と思われがちであるだけに、そのストレスは想像以上。

研究結果によれば、健康レベルは標準的でも、肥満傾向でコレステロールや血糖値が高い人が多いようです。

■4:消防士

人命救助のためなら、燃えさかる火のなかに飛び込んでいくことも厭わない消防士。そのストレスは並大抵なものではありません。

日ごろから訓練を積んでいるため体力的には問題ありませんが、命の危険を伴う職業であることは事実。しかも予想不可能な事態に対応しなければならないので、喫煙や飲酒で気を紛らせたい気持ちになるのもわかるのですが……。

■5:輸送業

日本でも大事故を起こして問題になった夜行バスの運転手や、時間に追われるトラック運転手も、健康に悪影響をおよぼしやすい職業。夜中の運転などで生活のリズムが乱れがちで、不適切な食生活や喫煙の習慣に陥りやすいのです。

アメリカでは大多数の人が禁煙に成功している今日でも、輸送業の人々だけは喫煙の習慣を止められないケースが多いそうです。事故を起こす前に、方向転換が必要かもしれません。

■6:飲食業

食品に関わる仕事には試食が必要なものが多いため、79%の人が肥満になったり、食生活が偏ったりしているそうです。仕事に行く前に健康的な食事をとり、お弁当を持っていくなどの対策が必要でしょう。

■7:シフト制勤務労働者

シフト制とは、人によって出勤日や勤務時間帯が異なる勤務形態のこと。コンビニやファストフード店の店員さんなどがそれにあたります。

シフト制でも深夜労働になると睡眠不足になりやすく、そのストレスが不健康な食生活、飲酒、喫煙へとつながってしまいます。

■8:農業

農業従事者の多くは、仕事がハードなために肉体的には丈夫。ですが不適切な食習慣のため、不健康になりやすいそうです。

仕事に向かう途中で、急いで食事を済ませることが多く、そうした食生活がつづくと健康を害してしまいます。

この研究で、最も健康的な職業は経営者で、次に医師や弁護士でした。

ジムにも定期的に通い、適度に運動もしていて、なんと3人に1人が理想体重だそうです。喫煙率もたった6%。リーマン・ショック以降、ビジネスや金融界の人々が不健康な生活をしているのとは対照的です。

このリストのなかに自分の職業があったとしても、がっかりしないでください。まず、自分の職業が体に負担をかける仕事だと自覚することが大事なのです。

そこから食生活を徐々に改善し、ファストフードやコンビニに頼らず健康的な食事をとること。それができたら、エレベーターでなく階段を使ったり、お昼休みの半分をウォーキングで過ごしたり、適度な運動を生活に取り入れていきましょう。

健康的に生きようとする姿勢が生活を変え、エネルギーの源となり、自信となるはずです。

(文 /スケルトンワークス)

 

【参考】

8 professions that could hurt your heart (and make you fat) -CNN

関連記事