2000円で食べ放題!料理家もうならせるトルコ料理店トップ3

  • LINEで送る
2016.03.15

shutterstock_152772317

世界三大料理といえば、フランス料理と中華料理、そしてトルコ料理。

ただしトルコ料理は、ケバブくらいしか知らない方も多いかもしれません。肉の塊をスライスする「ドネルケバブ」は、たしかにおなじみになりましたが……。

でも、ケバブ以外にもトルコ料理はバリエーション豊か。日本人の口にも合うものが多いのです。

また、日本製粉株式会社が日本・トルコ協会主催「第56回トルコ料理教室」に協賛したり、世界の朝食を提供するレストラン『WORLD BREAKFAST ALLDAY』でトルコの朝食が始まったり、2016年はますますトルコ料理に注目が集まっています。

とはいえ「食べてみたい!」と思っても、一体どのお店がいいのかわからない方もいるはず。

そこで今回は、料理家である筆者が実際に行って確かめた、トルコ料理の名店をご紹介します。

■1:食べ放題が非常にお得なお店「レストランザクロ」

まずは、もっともリーズナブルなトルコ料理店、西日暮里の「レストランザクロ」から。

一見、雑貨屋さんかなと思ってしまうような店構え。しかも、店内をのぞいてみるとテーブルがありません。というのもこのお店、絨毯の上に座って食べるスタイルなのです。

さらに驚きなのは、その名も「食べきれないコース」というコースメニュー。たった2,000円で食べ放題。シシケバブ、クピデケバブ、パガリポロ、マイチェなどおまかせメニューが続々と出てきます。

zakuro_menu_ph

アラカルトメニューもありますが、そのお得さから、ほとんどの人がこの食べきれないコースを注文するのだとか。

3人以上でコースを予約すると、水タバコも1台ついてくるのでさらにお得。飲み放題をつけたい場合には事前に3人以上で予約すれば、「食べきれない・飲みきれないコース」が3,000円。もう、驚きの連続です。

なお、毎晩20時からベリーダンスショーがあるため19時半からは500円のダンスチャージが必要となります。

ちなみにベリーダンスタイムは全員強制参加なので、覚悟してのぞみましょう。

このお店は、突然トルコの衣装を着させられるなど、オーナーのアリさんのテンションの高さでも有名。ぜひ、万全の胃袋と万全のテンションで行ってください。

また、とってもかわいいトルコのモザイクランプづくり体験もできるので、こちらもオススメです。

■2:日本初のトルコ料理レストラン「イスタンブール」

創業1988年の日本初のトルコ料理レストランは、その名も「イスタンブール」。当初は新宿にオープンし、現在は赤坂と銀座にも店を構えます。

IMG_6728

店名のついた「イスタンブールコース」は2名様から。全9品で4,750円。

IMG_6730

スープからはじまり、サラダ、前菜、オリーブオイル料理、日替わり料理、揚げ物料理が2品。

さらにメインディッシュは4種ケバブの盛り合わせ。メインディッシュは魚料理にすることもできます。そして最後に、デザートとチャイが出てきて、他にもエクメックと呼ばれるトルコのパンもつきます。

IMG_6731

IMG_6732

イスタンブールコースはボリューム満点なので、もう少しライトにしたい方には「シェフのおすすめコース」がおすすめ。こちらはイスタンブールコースから揚げ物1種とオリーブオイル料理を除いた全7品で、お一人3,800円です。

IMG_6733

ちなみに、赤坂店と銀座店ではランチタイムも営業。ケバブ料理や日替わりのトルコ料理をいただくことができます。スープ・サラダ・ドリンクつきで1,000円、デザートはプラス200円とお手ごろなお値段です。

ぜひ、トルコならではの「おもてなしの心」を体感してみてください。

■3:トルコ宮廷料理が味わえる高級店「ブルガズ アダ」

最後は、かつてのオスマン帝国の宮廷料理を味わうことができる麻布十番の「ブルガズ アダ」。

オスマン帝国の後継国家がトルコなので、トルコ料理を語るにあたってはオスマン帝国の食文化を無視できません。

ブルガズ アダではなんと、歴代の皇帝たちに供された門外不出のレシピを味わうことができます。

そのレシピを継承しているレストランは、世界でたった3軒。トルコの首都であるイスタンブールに2軒と、このブルガズ アダだけ。

営業はディナータイムのみで、アラカルトメニューは21時以降のオーダーなので、基本はコース料理となります。

全7品の「ヴェズィルの舌鼓」は、アミューズからはじまりパン、メゼを華やかに盛り合わせた前菜盛り合わせ、スープ、サラダ。

toruko

主菜は本日の魚介料理、スプリングラムチョップグリル エーゲ海地方のタイムの香り、スパイスが優しく香るマリネしたヒナ鶏モモ肉のジューシーなグリル、トルコ産フェタチーズ・ハーブ・ポテトのマッシュを宮崎ハーブ牛フィレ肉でロールしたローストのなかからお好きな一品を。

そしてデザートとチャイで7,700円。その他、全8品の「スルタンの宴」は8,800円。2日前までに要予約の「パーディシャの至福」は全10品で13,200円。

イスタンブールまでいかずとも歴代皇帝が食べた料理が味わえるのですから、ぜひ一度は味わってみたいものです。

気になるお店はありましたか? すべて都内で、初めてトルコ料理を食べる方にもピッタリ。ぜひ足を運んでみてください。

(文/料理家・まつながなお)

 

【参考】

レストランザクロ

イスタンブール

ブルガズ アダ

関連記事