5つ以上は要注意!将来の健康度がわかる15のチェックリスト

  • LINEで送る
2016.03.23

DSC01541

日本は世界一の長寿国ですが、75歳以上の要介護率は約4割といわれているそうです。つまり、健康なまま長生きするのは簡単なことではないのです。

誰もが将来寝たきりになることなく、元気でいたいと願うもの。

それを叶えるために読んでほしいのが、『50代から始める ドクター白澤流「寝たきり」にならない5つの習慣』(日本実業出版社)です。著者の白澤卓二氏は、医学博士であり、30年間長寿を研究する人物。

「死ぬまで元気な人には共通点がある」と主張する著者は、それを5つの習慣「油」「運動」「睡眠」「生きがい」「糖質」に分類。

その考え方を軸に、本書では寝たきりにならない生活習慣をわかりやすく解説しています。決して難しいことではなく、気軽に実践できることばかりです。

■将来の健康度が簡単にわかる15の質問

みなさんは健康でいられる自信がありますか?

まずは、ご自身の将来の健康度をチェックしてみましょう。以下の15個の質問のなかに当てはまるものがあるか、たしかめてみてください。

(1)今日一日の計画がうまく立てられないときがある

(2)すでにストックしてあるものをまた買ってしまう

(3)自分のミスなのに、相手を怒鳴りつけてしまう

(4)同じことを何度も質問していると指摘されたことがある

(5)わからないことがあると自分で解決しようとせず、人を頼ってしまう

(6)次になにをするつもりだったか忘れることがある

(7)果物を毎日食べない

(8)白いごはんを食べないと食事をした気がしない

(9)パンを食べるときはマーガリンを塗る

(10)歯の状態がよくなく、硬いものなどは食べにくい

(11)手を胸の前で組み、片足で椅子から立ち上がれない

(12)片足立ちで靴下をはけない

(13)片足だけで一分間立っていられない

(14)段差がない場所でもつまずく

(15)主に車を使い、家や会社のなかしか歩かない

1~6が認知症のチェック項目、7~10が生活習慣病のチェック項目、11~15が筋肉量の減少を示す「サルコペニア」のチェック項目だそうです。

当てはまる数の多いグループは要注意とのこと。また5つ以上チェックがつけば、寝たきりの予備軍になるといいます。

とはいえ1つでも当てはまる項目があれば、生活習慣を改めた方がいいかもしれません。

ところで本書には、寝たきりにならないために、積極的に摂りたいものも紹介されています。

■ココナッツオイル・コーヒーで老化防止

たとえばココナッツオイル。少し前からブームになっていますが、買ったものの少し使って放置したまま……なんていう人も少なくないのでは?

第一章『20歳若く見える人の「油」の習慣』のなかで、著者は老化防止の万能ドリンクとして「ココナッツオイル・コーヒー」を勧めています。

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が多く含まれ、認知症状の改善に効果的なのだとか。また糖質に対する欲求や食欲を抑える性質もあり、ダイエット効果もあるというのです。

そんなココナッツオイルを入れたコーヒーのつくり方は簡単。カップ1杯のホットコーヒーに大さじ1杯程度のココナッツオイルを入れて、よく溶かすだけ。ミキサーなどで撹拌すれば、カフェオレのようなクリーミーなコーヒーになるといいます。

面倒だという人は、スプーンで混ぜて飲んでもよいそうです。ただし油が表面に浮くため、若干飲みにくいと感じる人もいるかもしれません。

また、飲むタイミングも大切。食事のときよりも、食前にとったほうがココナッツオイルの効果は高まるそうです。ベストなのが、食事の3時間前のタイミング! そしてコーヒーが苦手な人なら、ホットの紅茶やココアに替えてもOK。

■りんごを皮ごと食べて肥満&がん予防!

ほかにも第五章の『長寿回路のスイッチを入れる「糖質」の習慣』で、著者は優秀な食材としてりんごを勧めています。

厚生労働省が推進するプロジェクト「健康21」では、1日200gの果物を食べることを目標としています。しかし、日本人の平均摂取量は115gほどだとか。

果物は高いし、皮をむいたりする作業が面倒という人も少なくないでしょう。でもりんごなら皮ごとかじりついて食べられますよね。

しかも、りんごの皮にはポリフェノールがたくさん含まれています。りんごに含まれるポリフェノールの一種であるプロシアニジン類は脂肪の蓄積を制限し、がん細胞を自死させる働きを持っているというのです。

つまり毎日りんごを食べることで、太りすぎを防止でき、がんになりにくい可能性があるということ。これは積極的に摂りたいですね。

本書には、寝たきりにならないための日常生活のコツと工夫がたくさん紹介されています。ずっと元気で過ごしたいなら、ぜひ手にとって参考にしてみてください。ご自身の生活習慣を見直すきっかけになるかもしれませんよ。

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

白澤卓二(2016)『50代から始める ドクター白澤流「寝たきり」にならない5つの習慣』日本実業出版社

関連記事