チョコは21℃以下なら大丈夫!賞味期限すぎても食べられる食品

  • LINEで送る
2016.03.28

shutterstock_219077605

農林水産省の発表によると、平成24年度に家庭で廃棄された食品は推計885万トンでした。賞味期限を過ぎてしまったから、と安易に食品を捨ててしまってはいませんか?

実は、賞味期限を過ぎていても、食べられる食品はあるのです。インドのニュースサイト『india』を参考にご紹介しましょう。

■1:食パン

一人暮らしだと、食パンを一斤食べ切るのはなかなか大変です。でも食パンはカビが生えていなければ、多少賞味期限を過ぎていても食べられます。カビを気にするのがイヤなら、早めに冷凍してしまいましょう。

■2:パスタ

簡単に調理できて便利なパスタ。乾燥して、水分がほとんどない食品なので、1~2年は保ちます。保存食として常備しておくのに向いています。

■3:お菓子

スナック菓子やチョコレートなどのお菓子は、意外と保存がききます。スナック菓子は未開封なら数か月は大丈夫です。チョコレートも、21℃以下で保存されていればかなりの期間、安全に食べられます。

■4:冷凍食品

冷凍食品は、賞味期限を過ぎてもかなりの期間食べられます。きちんと一定の温度で保存されていれば、傷むことはまずありません。ただし、肉や魚などは早めに使い切ったほうが無難です。

■5:ヨーグルト

意外ですが、ヨーグルトも賞味期限を過ぎても安全に食べられます。未開封の状態なら、製造日から2週間ほどは大丈夫です。もし不安だったら、食べる前ににおいをかいで傷んでいないか確認しましょう。

■6:野菜・果物

こちらも食パンと同様、カビが生えたりしなければ大丈夫です。賞味期限に関わらず、傷んでいるかどうか、よく見てにおいをかいで確かめましょう。

■7:チーズ

チーズはもともと発酵食品なので、賞味期限はあまり意識しなくても大丈夫です。むしろ賞味期限を過ぎたもののほうが、熟成されておいしいという人もいるほどです。

■8:シリアル

シリアルもパスタ同様、乾燥して水分が少ない食品なので、賞味期限よりもずっと日持ちします。ただし、牛乳をかける場合は、牛乳が傷んでいないか確認しましょう。

■9:調味料

マヨネーズやケチャップ、ピーナッツバターなどは未開封なら賞味期限を過ぎていても使えます。できるだけ温度が一定で、湿度が低い場所に保存すると、より長持ちします。

■10:砂糖・米・ハチミツ・塩

これらの食品は、適切に保存されていればかなり前のものでも処分する必要はありません。きっちり密封される容器に入れて、できれば乾燥剤を入れておきましょう。

賞味期限に関わらず、食品は傷んでいないかどうか、自分の目や嗅覚などを使ってきちんとたしかめることが大切です。もちろん自己責任になりますが、できるだけ食品の無駄を減らせるといいですね。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

10 Foods Good to use Past the Expiration Date-india

食品ロスの削減・食品廃棄物の発生抑制-農林水産省

関連記事