世界で最も幸福な国はコロンビアに!なぜ日本人は幸福度が低い?

  • LINEで送る
2016.03.29

shutterstock_276015029

「世界幸福報告書2016」が発表されました。

3月20日は、国連によって「世界幸福デー」とされています。しかし、国によって情勢も経済状況も文化も違うもの。同じ国内でも、人それぞれ価値観によって幸せの基準は異なりますよね。

そんななか、「国民の幸福度」はどのように測っているのでしょうか? どの国が上位で、どんなことに国民は幸福を感じているのでしょうか?

■幸福度1位はコロンビアで数値は85も

アメリカの世論調査会社ギャラップ・インターナショナルとWorkdwide Independent Network of Market Researchの共同調査となる世界幸福度ランキングによると、今年のランキング1位はコロンビアだそうです。

続いて2位がフィジーとサウジアラビア、4位はアゼルバイジャン、5位はベトナムと続き、日本は28位となっています。

ちょっと意外な結果ですよね。いったい、どんなことを基準に順位がつけられているのでしょうか?

これは、「幸福を感じている人の比率」から「不幸を感じている人の比率」を引いた数字でランクづけされています。世界平均は56で、4も少ない日本は52です。

1位のコロンビアは、85と平均を圧倒的に上回っています。先進7カ国(G7)のなかで、世界平均を上回っているのは23位のカナダの60だけでした。こちらも意外な結果ですよね。

この世論調査では、各国の人々に以下のとてもシンプルな5段階評価のみ調査しています。

(5)とても幸せ

(4)幸せ

(3)どちらでもない

(2)不幸せ

(1)とても不幸せ

実際に個人が感じている幸福度が、そのまま結果に表れたことになります。

コロンビアの調査では、(5)か(4)を選んだ「幸せな人」が87%もいたそうです。対して、日本は9%となっています。

■幸福の国ブータンは国民の97%が幸せ

幸福の国として有名なブータンでは、政策で「国民総幸福量(GNH)」が測られています。合計72項目の質問を調査員が1人あたり5時間面談し、8,000人のデータを数値化しているのです。

質問の構成要素としては、心理的幸福、健康、教育、文化、環境、コミュニティー、良い統治、生活水準、自分の時間の使い方の9つの要素に基づいています。

2005年の調査では、国民の実に97%が「幸せである」という結果が出ています。これが、「幸福の国」と呼ばれる所以ですね。

■日本の幸福度は「世界で53位」と低め

国連による「世界幸福度報告書2016年版」では、日本の幸福度は53位。昨年から7位も下がってしまった結果となりました。

とても豊かな国なのに、日本人の幸福度にはなにが足りないのでしょう?

ちなみにこの報告書の基準は、1人あたりの国内総生産、社会的支援の有無、健康寿命、社会的な自由度、寛容さ、汚職の有無によって測られているそうです。

調査の傾向として、「より不平等が少ない国に暮らす人々の方がより幸せであると感じる」ということが明らかにされています。

そう考えると今後の日本でも、社会での女性の活躍や評価が上がれば、幸福度も上がっていくのではないでしょうか。

ただしそれだけでなく、「国民ひとりひとりが幸福を感じられるような生活にはなにが必要なのか」を考えてみることも重要だと思います。

幸せの基準は人それぞれ。一度きりの人生を豊かで幸せなものにするために、この機会に自分にとっての幸せについて考えてみてはいかがでしょうか。

(文/hazuki)

 

【参考】

WORLD HAPPINESS REPORT UPDATE 2016

関連記事