1日中デスクワークでも高給取りになれる最高の職業トップ10

  • LINEで送る
2016.04.09

shutterstock_195817661

1日中PCのモニター画面を見ながら、仕切られた狭い空間のなかで終日過ごすデスクワーク。肩こりや腰痛が慢性化し、動かないためストレスがたまったり、運動不足になったりしやすいというのも有名な話です。

あまりいいことがなさそうに思えますが、どうしてもデスクワークがやりたいという人もいます。

『マイナビスチューデント』の調査では、現役大学生の80%が、デスクワーク中心の仕事を希望しているとか。外勤だと多くの人に会って接客をしなければならないだけに、人と接するのが苦手な人は特に内勤を希望する傾向が強いようなのです。

そこでアメリカのビジネス系情報サイト『Business Insider』を参考に、デスクワークで高収入を得られ、将来性もある職業トップ10を選びました。大学生をはじめ、デスクワークで転職を希望している人は必見です。

■10位:人事管理職(平均年収1,280万円)・・・雇用増加率9%

人事の管理職は、求人活動や採用面接から採用にいたるまでを担当するだけでなく、経営陣と従業員をつなぐパイプ役も果たします。人材は常に企業の大切なリソースですから、需要のなくならない仕事です。

■9位:広報活動管理職および資金調達管理職(平均年収1,290万円)・・・雇用増加率7%

広報活動担当管理職は、企業や客の公共イメージを維持し、高めるような資料の作成を計画します。

そして資金調達担当管理職は、自分たちの企業に寄付が集まるようなキャンペーンを企画し、実行。どちらもデスクワークでありながら、広く情報を発信する重要な役割なのです。

■8位:管理部長および運用管理職(平均年収1,300万円)・・・雇用増加率6%

企業の業務を管理し、毎日の仕事がつつがなく進行するようにします。人材や資金といった限りある企業のリソースをどのように活用するかを考える、ダイナミックな仕事でもあります。

■7位:損害補償給付担当管理職および従業員給付担当管理職(平均年収1,330万円)・・・雇用増加率6%

損害補償給付担当管理職は、企業が従業員に損害賠償金をいくら支払うべきかを決定します。

従業員給付担当管理職は、企業が従業員に支払うべき退職金制度、健康保険、その他の給付金を調整します。法や規則に基づいてお金を扱うため、ミスが許されないという緊張感があります。

■6位:販売管理職(平均年収1,400万円)・・・雇用増加率5%

販売目標を設定し、データを分析し、販売員たちの育成のための研修計画を立てる、企業の販売チームの長です。販売員は外勤が主ですが、管理職はデスクワークも多くなります。

■5位:財務管理職(平均年収1,460万円)・・・雇用増加率7%

企業の経営状態について、非常に責任ある立場。会計報告をつくり、投資活動を指示し、長期的な財務目標の戦略や計画を立てます。資金の出入りを管理することは企業活動の中心にあるため、大変重要な職務です。

■4位:弁護士(平均年収1,500万円)・・・雇用増加率6%

法的な問題や争いにおいて、個人や企業、政府機関へアドバイスをします。ときには代理人を務め、法廷などで依頼人の代わりに闘うこともありますが、準備のためのデスクワークも欠かせません。

■3位:情報システム管理職(平均年収1,530万円)・・・雇用増加率15%

企業におけるコンピューター関連の業務を統括します。企業の情報システム目標を決め、それを達成するためのコンピューター・システムの実行作業に責任を持ちます。コンピューターに向かうデスクワークが主になります。

■2位:マーケティング管理職(平均年収1,550万円)・・・雇用増加率9%

製品やサービスにどんな需要があるのかを見極め、見込み客がどこにどのくらいいるのかを割り出す仕事です。会社の利益やシェアを広げられるかどうかは、マーケティング管理職の双肩にかかっているのです。

■1位:企業の最高責任者(平均年収2,000万円)・・・雇用増加率6%

CEOとも呼ばれる企業のトップであり、日本では社長にあたる人。企業全体の方向性を、役員会や理事会が決めた指針に従って決めます。

経営トップの立場として他の重役や管理職の助けを借りながら、経営活動を統括します。忙しく移動することももちろん多くありますが、たくさんの書類に目を通したり、デスクワークにかけたりする時間もかなりあります。

狭苦しいスペースでひたすらPC画面に向かったり、帳簿の数字とにらめっこしたりしているのがデスクワークのイメージですが、実際には、経営トップの人まで入っています。

つまりデスクワークにも行動範囲の広い仕事があり、また将来性も高いのです。なるべくイメージを固定せず、いろいろなデスクワークを検討してみませんか?

思いもよらなかった職種を、適職だと感じることができるかもしれません。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

The 17 highest-paying jobs for people who don’t mind sitting at a desk all day−Business Insider

現役大学生の約8割がデスクワークを希望!−マイナビスチューデント

関連記事