友人に合わせすぎはNG!20代がやりがちな12のお金の悪習慣

  • LINEで送る
2016.04.10

shutterstock_316714700

「老後のために貯蓄しておこう」ということは、20代のみなさんにはなかなかイメージしづらいかもしれません。

でもお金を貯めるには、20代はとても大切な時期。若いときから節約したり、投資をしたりしておくと、順調に資産が増え、豊かな未来へとつながります。

ただしアメリカのUBS投資家観測レポートによると、長期的な投資を成功のステップとして捉えている20代は、わずか28%しかいないのだとか。

今回はアメリカのビジネス系情報サイト『Business Insider』が発表した、20代がやってしまいがちなお金にまつわるNG習慣をご紹介します。お金に対する意識を高めて、豊かな暮らしを営みましょう。

■1:全然貯蓄していない

老後のために貯蓄したほうがよいと聞いたことはあっても、実際に行動を起こしている人は少ないのが現状。アメリカでも、世論調査で80年代以降生まれのミレニアル世代のうち20%は貯蓄を開始していないことがわかっています。

毎月決まったお金を口座から出し、個人年金や投資などに回してしまうのもひとつの手。最初は大変でも、だんだんその生活することに慣れてしまいます。

■2:奨学金についてよくわかっていない

学生の勉学を奨励するために、お金を貸してくれる奨学金制度。

返済不要のものもありますが、返済しなければいけないものがほとんどです。いずれ返さなくてはならないという意味では、単なる借金と違いはありません。将来への投資は悪いことではありませんが、注意して利用するようにしましょう。

■3:たいして必要のないものにお金をかけてしまう

毎朝なんとなく買っているそのカフェラテ、本当に必要ですか? たいして必要のないものでも、積もり積もればそれなりの額になってしまいます。習慣とは恐ろしいもの。本当にそれが必要か、いま一度見なおしてみましょう。

■4:クレジットカードを持っていない

クレジットカードを持つことはとても大切。カードで買いものをして、きちんと毎月支払いができているということは、自分自身の信用情報になります。いつか大きな買いものをするとき、その信用がものをいうのです。

■5:クレジットカードに頼りすぎる

とはいえ、カードに頼りすぎるのは問題です。日常的な買いものをカードで済ませていると、後から請求を見てびっくり、なんてことも。すぐにお金が出て行かないからといって油断せず、きちんと管理するようにしましょう。

■6:自分のお金の使い道を把握していない

細々と使っていると、意外に早くなくなってしまうのがお金。なんだかよくわからないけどいつも金欠、なんて状態に陥っていませんか? 自分がなににどのくらいお金を使っているのかを常に把握するようにしましょう。

■7:投資について考えていない

お金は、ただ貯めるだけでは宝の持ちぐされ。効率的に運用することで、より大きな富を生み出すことができます。

投資にはリスキーなイメージもありますが、長期的な視座で見ればそれほど難しいものでもありません。きちんとした知識をつけてチャレンジしてみましょう。

■8:無茶な投資をする

投資アプリ『Openfolio』が行った調査によると、25歳以下の投資家は、リスクが高い割にリターンは年長者の1/3程度だという結果が出ています。

短期的に結果を出そうと無茶な投資をするのではなく、長期的に賢く運用することが大切です。

■9:自分は無敵だと思い込んでいる

自己破産に陥るもっとも多い原因は、突然病気になってしまったことによる医療費の増大です。若いときは健康で当たり前と思ってしまいがちですが、いざというときの備えもしっかりしておくことは大切です。

■10:親の経済的支援に頼りきっている

20代はもう大人です。親が助けてくれるからと甘えてしまうと、適切なお金の管理方法や金銭感覚を身につけることができなくなってしまいます。経済的に自立することで、お金に対する感覚は磨かれるのです。

■11:友人と同じものにお金を使う

友人と同じものを食べて、同じところに遊びに行けば、同じくらいお金がかかります。

でもその友人とあなたは、本当に同じくらいの経済状態でしょうか? 他人に合わせて無理なお金の使い方をすると、あとで手痛いしっぺ返しを食うことになります。

■12:安物ばかりを買う

「安物買いの銭失い」という言葉があります。安いものは、得てして品質も低いもの。すぐダメになってしまう安物をいくつも買うよりは、高級品を長く使う方が得な場合もあります。買い物をするときは、費用と効果の関係をよく考えましょう。

生きていくうえで、お金は欠かせないもの。でも、よくない習慣があるばかりに、知らないうちに損をしているかもしれません。これを機会に、いま一度お金について考えてみましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

The 13 worst money habits of 20-somethings-Business Insider

関連記事