まずは怒りの背景「第一感情」を探す!職場でイライラしないコツ

  • LINEで送る
2016.04.14

suzie.20160414

『マンガでよくわかる怒らない技術』(嶋津良智著、アサミネ鈴作画、星井博文原作、フォレスト出版)は、「怒り」「イライラ」をテーマにしたベストセラー『怒らない技術』シリーズ(『怒らない技術』『怒らない技術2』『子どもが変わる 怒らない子育て』)をマンガ化したもの。

食品会社の営業部に所属し、いつもイライラと怒ってばかりだった主人公が、ふとしたことから「怒らない技術」を知り、少しずつ変化していくというストーリーになっています。

とはいえ、ここにマンガを掲載することは不可能。そこで、もうひとつの重要なポイントである著者の解説のなかから、数字に関連したトピックを引き出してみたいと思います。

■怒りの背景「第一感情」を探す

著者によれば怒りとは「第二感情」であり、その背景には「第一感情」があるのだそうです。

第一感情とは、不安、ストレス、痛み、悲しみ、苦痛、寂しさ、弱さ、絶望、悲観など。人はそれらに対して怒りを感じるものなので、原因となっている第一感情を探すことがとても大切だということ。

たとえば、夜遅くなっても高校生の娘が帰ってこないので、父親が「どこへ行ったんだ、連絡もしないで」「帰ってきたら叱りつけてやろう」とイライラしているとします。

でも、ここで落ち着いて、「このイライラの第一感情はなんだろう」と考えてみると、それは「心配」だということがわかってくるはず。

つまり、「娘になにかあったのではないか」と心配しているからイライラしてしまうわけです。

そして第一感情に気づくことによって、気持ちを「怒りの感情」として表に出すのではなく、「自分の気持ちをきちんと伝えるにはどうしたらいいか」と考えることができるようになるといいます。

その結果、感情に流されることなく、冷静に、素直に伝えることができるようになるということです。

■職場で人にイライラしない方法

同じことは、さまざまなトラブルによってイライラしてしまいがちな職場にもいえるでしょう。

本書のマンガにも、仕事の遅い人に対して、主人公がイライラしてしまう場面が登場します。つい、感情的な言葉を投げつけてしまいそうになるわけです。

けれど、そうしなかったのは、落ち着いてイライラの第一感情を探したから。すると、それが「不安」であることに気づいたのです。

いわば、「怒らない技術」の本質は、解決方法に焦点を当てること。

部下の仕事が遅いことについて、いくらイライラしても怒っても、状況が変わるわけではありません。

「急ぎなさい!」と感情的に叫んだら、仕事があっという間に終わるなどということもありません。

だとすれば、そんなことにエネルギーを注いでも意味がなく、まったく無駄だということになります。

つまりコントロールできないことに集中するのではなく、あくまでもコントロールできることに集中すべきだということ。

■イライラのもとは価値観の違い

「腹が立つ」「かっとする」「むかつく」といったイライラは、価値観の違いから生まれるものだと著者はいいます。

自分が仕事の早い人だった場合、仕事が遅い人に対してイライラする。自分が明るい性格であれば、暗い人にイライラするのだということ。

きれい好きな人はだらしない人が気になるとか、神経質な人は無神経な人が鼻につくとか、時間を守る人は時間にルーズな人が気になるなど、さまざまな状況にあてはまるはず。

しかし、それは自分の価値観に合わないから気になるだけのこと。

自分のやり方に合わないからイライラしているだけだということです。

でも、その人はそれでいい、それが普通だと思ってやっているわけですから、そのことで自分がイライラしているのは、相手の問題ではなく、自分の問題だということ。

自分で勝手にイライラしているだけなのだから、自分が受け止め方を帰る必要があるわけです。

たとえばミスばかりする新人にイライラするのであれば、「自分も新人だったころは、あの人と変わらないことをやっていたな」と考えなおしてみればいいということです。

まずマンガで見せて、そののち平易な文章で解説されているため、「怒らない」ための技術を身につけやすいはず。

方の力を抜いて読んでみれば、日ごろのイライラを解消できるかもしれません。

(文/作家、書評家・印南敦史)

 

【参考】

※嶋津良智(2016)『マンガでよくわかる怒らない技術』フォレスト出版

関連記事