要注意!おいしいけど「意外と高カロリーなトースト」トップ10

  • LINEで送る
2016.04.15

shutterstock_304455299

みなさんはトーストをどのようにして食べますか?

バターやジャムを塗って食べる人が多いでしょうが、さらにひと手間加えたアレンジレシピがネット上で話題になっています。

どれもおいしいと人気ですが、そのカロリーはあまり知られていません。そこで今回は、管理栄養士の望月理恵子さんに「カロリーが高いトーストレシピトップ10」を伺ってみました。

トースト1枚あたりのカロリーは、8枚切で130kcal、6枚切で180kcalほど。切り方でも50kcal変わります。今回は6枚切でカロリーを計算していただいています。

■10位:ピザトースト(290kcal)

食パンにケチャップや具材をのせて焼くピザトースト。肉類のベーコンやソーセージ、チーズや調味料のケチャップでカロリーが増します。

ピーマンや玉ねぎなどの野菜を多くのせ、肉類は少なめにし、調味料もレモン果汁をかけて酸味を楽しむことでカロリーをカットできます。

■9位:プリントースト(293kcal)

プリンをかき混ぜて食パンにのせ、トースターで焼くだけ。甘いプリンがのっているため、バターより高カロリーです。

コクのあるプリンよりも、さっぱりしたプリンを選ぶのがコツ。チーズや生クリームのトッピングもおいしいですが、その分カロリーが増えるので気をつけましょう。

■8位:悪魔のトースト(330kcal)

インスタグラムで話題となった悪魔のトーストは、食パンにチーズと砂糖をたっぷりのせ、トースターで焼いたもの。砂糖やチーズの量を減らすだけでなく、チーズをカッテージチーズにするとカロリーダウンになります。

■7位:フレンチトースト(334kcal)

卵、牛乳、砂糖を混ぜたものに食パンを浸し、フライパンで焼いたレシピ。卵、牛乳、砂糖を使っているので高カロリーに。フライパンではなくオーブンを使うと余計なつけ汁が落ち、カロリーを抑えられます。

■6位:ハニートースト(339kcal)

甘くておいしいハニートーストが6位にランクイン。はちみつ、バター、メープルシロップなどをたっぷりかけているので、当然ハイカロリーです。はちみつはやめてメープルにする方が、カロリー控えめになります。

■5位:小倉トースト(360kcal)

名古屋グルメのひとつ、小倉トーストはバターを塗ったトーストの上にあんを乗せたもの。バターを塗らず、あんだけにすれば、90ckalほどカロリーカットできます。

■5位:メロンパントースト(360kal)

同率5位は、食パンにバターと砂糖、小麦粉をのせて焼くメロンパントースト。バターと砂糖でカロリーアップ。バターや砂糖を減らしてバニラエッセンスを加えれば、風味でおいしくなります。

■4位:雪見だいふくチーズトースト(410kcal)

4位はロッテの人気アイス、雪見だいふくを使ったレシピ。食パンにスライスチーズ1枚と雪見だいふく1個を乗せて焼けば完成です。

雪見だいふく1個は約75kcal。それにチーズとトーストが加わるので高カロリーに。チーズをカッテージチーズにしたり、ミニの雪見だいふくにすることで、カロリーを抑えられます。

■3位:カルボナーラトースト(420kcal)

カルボナーラの味をトーストで再現したレシピ。たまごやホワイトソース、チーズ、ベーコンなどの具材を乗せて焼きます。ベーコンをハムにしたり、チーズの量を減らしたり、ソースの量を減らすことでカロリーダウンになります。

■2位:ラピュタパン(686kcal)

映画「天空の城ラピュタ」に登場する、目玉焼きがのったトースト。よりおいしくするため、食パンにマヨネーズで枠をつくり、そのなかに卵を割って焼きます。

マヨネーズは大さじ1杯で85kcalほど。チューブのまま円を描くとカロリーが増します。そこでマヨネーズは数カ所つけて、スプーンで薄く伸ばし、まんべんなく塗るようにするとカロリーを減らすことができます。

■1位:お好み焼きトースト(890kcal)

堂々の1位は、ボリュームがあって、お腹も満たされるお好み焼きトースト。ラピュタパンに千切りキャベツや豚肉細切れ、お好み焼きソースをのせて焼いたもの。

マヨネーズや豚肉でカロリーが増えます。キャベツを多くし、豚肉は脂身が少ないものを使い、ソースより紅生姜を多くして風味をつけるとカロリーダウンに。肉の代わりに、桜海老やイカなどを使うことでもカロリーカットを期待できます。

おうちで手軽に作れて、おいしいと話題のトーストレシピ。気になるものはありましたか?

朝食にぴったりのボリューム感あるトーストから、おやつにもなる甘いトーストなど、さまざまなアレンジレシピが登場しています。

もちろんカロリーオーバーにならないよう、食べすぎには注意しながら、いろんなトーストレシピを試したいですね。

(文/椎名恵麻)

 

【取材協力】

望月理恵子・・・管理栄養士、サプリメントアドバイザー、ビタミンアドバイザー。調剤薬局、サプリメント会社に勤務後、独立。強制・禁止などの指導ではない“楽しく自然に身に付く栄養カウンセリング”と、アンチエイジングクリニックや皮膚科などで美容・肩こり・冷え・眼精疲労など“健康な人にもおこりうる悩みに対してのカウンセリング”を得意とする。現在は、健康検定協会を運営しながら、栄養専門誌など、幅広い媒体で執筆活動中。

関連記事