要注意!おいしいけど「意外と高カロリーなステーキ」トップ10

  • LINEで送る
2016.04.22

shutterstock_268406291

「ガッツリ食べたいな」という日には、肉料理を選ぶ人が多いはず。なかでもボリュームのあるステーキは、おいしくて満腹感を得られますよね。

肉を買ってきて家で焼いたり、ファミレスでも安く気軽に味わえたりできるステーキですが、そのカロリーを気にしたことはありますか?

実は、肉の種類や部位によっては、かなりの高カロリーになるのです!

そこで今回は、管理栄養士の望月理恵子さんに「カロリーが高いステーキトップ10」を伺ってみました。

それぞれのカロリーは、すべて200gで算出していただいています。

■10位:サイコロステーキ(312kcal)

一口サイズで食べやすいサイコロステーキ。サーロインをサイコロ型に成型した肉が多いですが、バラ肉や牛脂を入れこんで成形したものだと高カロリーに。

また調理の際に油を引いて熱する場合、表面積が多いため、使う油も増えてカロリーがアップします。

■9位:ポークステーキ (322kcal)

豚ロースを使うことが多く、高たんぱくですが脂質も多くなります。カロリーは低めの数値ですが、1人前300gにすると500kcalほどに。それでも軽く食べられてしまうので、気をつけましょう。

■8位:ハムステーキ(410kcal)

厚めに切ったハムを焼いたもの。ロースハムは高たんぱくで脂質も多いですが、ボンレスハムを使うと脂質も少なく低カロリーに。ただし、塩分はボンレスハムの方が高くなります。

■7位:ラムステーキ(432kcal)

ラムとは子羊の肉のこと。高たんぱくですが、脂質も多めです。しかしラムは脂質の代謝に関わるカルニチンを多く含むため、ダイエッターに人気があります。

■6位:ハンバーグステーキ(446kcal)

家庭でもつくることの多いハンバーグステーキ。ひき肉はバラ肉などの脂身が多い部分をミンチにして、それにパン粉や卵を加え、型どって焼くため、比較的カロリー高め。

1人前300gにすると、670kcalほどになります。300gでもわりと簡単に食べられてしまうので、要注意です。

■5位:肩ロースステーキ(510kcal)

牛の肩に近い部位のステーキが5位にランクイン。スーパーで簡単に手に入るため、自宅で焼いて食べる人も多いはず。脂質よりたんぱく質が若干多く、脂肪が適度についています。

■4位:チキンステーキ(554kcal)

パリッとした皮と、ジュ―シーなお肉がおいしいチキンステーキ。脂肪の少ない鶏胸肉やモモ肉を使っていますが、皮でカロリーが高くなります。

■3位:リブロースステーキ(556kcal)

牛の背の部位のステーキ。脂肪がつきやすい部位なので、カロリー高め。和牛リブロースでは、輸入牛と比較すると脂質が2倍以上になるものも。

■2位:サーロインステーキ(626kcal)

サーロインは、腰に近い部位の柔らかいお肉。高たんぱくですが、脂質の方が多いのが特徴です。脂が乗っておいしい部位ですが、やはり高カロリー!

■1位:カルビステーキ(772kcal)

ダントツの1位は、バラ肉とも呼ばれる部位のステーキ。和牛は、輸入牛より水分が少ないぶん脂質が多く、半分が脂質となるため、さらにカロリーが高くなります。

ステーキを選ぶときは、脂身の多い部位には気をつけたいですね。

ちなみに、脂身が少なく女性に人気のヒレステーキは296kcal。他の肉に比べ脂質が少なく、カロリーが低めになるそうです。

また、ステーキを食べるときに欠かせないのがソースですよね。複数のソースを用意しているレストランでは、注文するときに「ソースは何にしますか?」と聞かれるもの。

そこで代表的なステーキソース一人前50gあたりのカロリーも望月さんに伺ってみたところ、ガーリックソース(30kcal)、醤油ソース(48kcal)、ドミソース(82kcal)、味噌ソース(84kcal)だそうです。

ソースだけでも、けっこうなカロリーに。ダイエットを意識するなら、ソースはなしで、塩・胡椒だけにするのもいいかもしれませんね。

加えて、ステーキと一緒にライスやパンを食べる場合がほとんどだと思うので、ライスは少なめにする、パンの場合はバターを塗らないようにするなど工夫してみましょう。

(文/椎名恵麻)

 

【取材協力】

望月理恵子・・・管理栄養士、サプリメントアドバイザー、ビタミンアドバイザー。調剤薬局、サプリメント会社に勤務後、独立。強制・禁止などの指導ではない“楽しく自然に身に付く栄養カウンセリング”と、アンチエイジングクリニックや皮膚科などで美容・肩こり・冷え・眼精疲労など“健康な人にもおこりうる悩みに対してのカウンセリング”を得意とする。現在は、健康検定協会を運営しながら、栄養専門誌など、幅広い媒体で執筆活動中。

関連記事