見た目が9割ではなく「雑談」が9割!次につながる良縁の作り方

  • LINEで送る
2016.04.27

suzie.20160427

雑談は、効果的に使うことによって潤滑油としての役割を果たす、人間関係のコミュニケーションツール。しかし『お金持ちの雑談』(田口智隆著、総合法令出版)の著者は、それ以上の価値が雑談にはあるのだと主張します。

雑談は、お金持ちになれるかどうかを決めるくらいのインパクトを持っているというのです。それどころか、「幸せな人生を送るために必要不可欠な道具」といっても過言ではないのだとか。

雑談とお金持ちとの間にはあまり関連性がないようにも思えますが、「お金持ちの人ほど、意識的に雑談をしている」がポイントなのだといいます。

ただなんとなく会話をするのではなく、相手との相性を見極めるリトマス試験紙として雑談を活用しているということ。

そこで、「雑談によって、日々のご縁がお金に換わる」と意識しながらひとつひとつの出会いを大切にすべきだという思いから、本書を執筆したというのです。

■お金は必ず人からもたらされる

本書において最初に著者が強調しているのは、「良縁が良円を生む」ということ。

いつの時代においても、どんなビジネスでも、お金は人との縁(出会い)から生まれるもの。これは、すべてのお金持ちが大事にしている「お金の原理原則」なのだと著者は強調します。

「お金持ちになりたい」と拝んでみたところで、お金が目の前に現れるわけではありません。そうではなく、お金は必ず「人」からもたらされるものだということ。だからこそ、人との縁がお金を運んできてくれるという考え方です。

つまり、出会った人と縁をつくり、それをビジネスにつなげていけるかどうかが、お金持ちになれるかどうかの分かれ目になるということ。

■雑談するとビジネスにつながる

では、よい縁を見つけて次につなげるためには、どうすればいいのでしょうか?

著者は、その最速な手段こそ「雑談」であると断言するのです。

当たり前ですが、初対面の人といきなりビジネスがスタートしたり、お客様になってもらえたりすることはありません。

なにかの縁があって出会ったら、まずは多くの場合、会話などを通じてコミュニケーションをとることになるでしょう。そこからおつきあいがはじまったり、お客様になっていただいたりするわけです。

そして、雑談で話すことは以下のようなものがあります。

・どんな仕事をしているか?

・どうしてこの場にいるのか?

・どんなことに興味があるか?

・どんな趣味を持っているか?

・最近どんなことに関心を持ったのか?

こうした話をしているうちに、共感したり、盛り上がったり、意気投合したりすることがあります。著者の経験上、そうした出会いは良縁であり、その後ビジネスにつながることが多いといいます。

■雑談の充実度が判断材料になる

著者も講演の依頼を受けたとき、受けるかどうかをギャランティー(講演料)の金額だけで決めているわけではないのだそうです。

実際に主催者とあって雑談をし、「その人と楽しく話ができたか」「その人の主催するセミナーで講演したいかどうか」、自分自身の気持ちを確かめてから受けるようにしているというのです。

理由は明白で、最初の雑談で盛り上がったり、好印象を抱いたりした相手でなければ、楽しく仕事ができず、その後もビジネスにはつながっていかないということを経験的に学んできたから。

■実は雑談で9割が決まっている

そして著者は、最初の雑談で、第一印象の9割が決まるといっても過言ではないといい切っています。

もしも同じような条件の仕事がふたつあって、どちらかを選ばなければならないとしたら、雑談が盛り上がった人と仕事をしたいと思うのが人情。

もし金銭などの条件が多少悪かったとしても、「一緒に仕事をしたい」「商品を買いたい」と思わせる相手は少なくないはずです。

そして長い目で見れば、そうした縁は長く続いていく可能性が高い。だからこそ、お金持ちは初対面の印象を決定づける「雑談」をとても大切にするというのです。

よく「見た目が9割」だといわれることがありますが、いくら見た目の印象がよかったとしても、雑談が盛り上がらなければ次につながる可能性は低いでしょう。

効果的に縁をつなげるには、相手の記憶に刻まれるようなコミュニケーションが必要になってくるということ。そこで、お互いの印象に残る雑談をする必要があるわけです。

著者いわく、お金持ちが雑談を単なる世間話と考えていない理由はここ。雑談を、良縁をつないでくれる大事なビジネスツール(強力な接着剤)として位置づけているというのです。

お金を「人との縁」という観点から語った書籍は、意外に少ないかもしれません。そういう意味でも、目を通してみれば気づきを得ることができそうです。

(文/作家、書評家・印南敦史)

 

【参考】

※田口智隆(2016)『お金持ちの雑談』総合法令出版

関連記事