4人に1人が実践中の朝食スープ!毎日でも飽きない超簡単な工夫

  • LINEで送る
2016.05.08

DSC_0437

寝起きのボーッとした頭とカラダを目ざめさせ、1日のはじまりの大切なエネルギー源となる朝食。

食べたほうがいいことはわかっているけれど、「1分でも長く寝ていたい」「時間がない」「食欲がわかない」などの理由で「朝食抜き」という人も多いのでは?

ネットリサーチの株式会社マーシュが、全国の20代~60代の男女400人を対象として行なった「朝食に関するアンケート」によると、平日、朝ご飯にかけられる時間は「10分以内」(5分以内も含む)という人は52.8%。

20分以内と回答した人は33.3%で、じつに85%以上の人が20分以内に朝食を済ませていることが判明したのです。やっぱり、平日の朝は時間との戦いですよね。

■4人に1人が朝食にスープを食べている!

同アンケートによれば、平日の平均品数は2.7品(休日は2.9品)。

もっとも食べられている朝食の主食は「パン類」で、平日49.0%、休日52.8%と、約半数がパン派。「ご飯類」は、平日で42.0%、休日で36.4%という結果になっています。

さらに、組み合わせを聞いたところ、平日では、27.8%が「ヨーグルト」、次いで26.3%が「味噌汁・スープ」、さらに24.8%が「卵料理」を選んでいるようです。

休日は順位が入れ替わり、「卵料理」29.8%、「味噌汁・スープ」と「ヨーグルト」が同率で25.5%。

休日の朝食にかける時間は、平日と違い「20分以内」が最多で36.5%なのに対し、10分以内(5分以内も含む)と答えた人は30.0%でした。朝食の時間が長くなるぶん、気持ちにもゆとりが生まれ、手をかけている様子がうかがえます。

とはいえ、平日でも休日でも4人に1人が朝食として選んでいるのが「味噌汁・スープ」です。朝食の定番ともいえそうですが、マンネリ化しそうでもあります。

そこでおすすめなのが、4年以上、1,500日も毎朝スープを作り続けた主婦・有賀薫さんの著書『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)。かんたんでおいしくって無理なく続けられる、朝食スープ作りの工夫が満載です。

■時短のコツは少ない材料と組み合わせ方!

毎朝続けるスープづくりの方程式は、「短い時間」×「少ない素材」×「なるべく簡単」で、おいしくというもの。野菜の切り方を変えるだけで、味が変わってくるといいます。

最初に登場するのが、ささっと15分前後でつくれる、野菜のうま味を主役にしたシンプルなスープ。

だしを使わずに、野菜だけでおいしいスープをつくるコツは、トマト、きのこ、ねぎ(玉ねぎや長ねぎ)のどれかを使うこと。この3種類の野菜には、強力なうま味があり、だしがなくてもスープの支えになってくれます。

たとえば、ミニトマトと玉ねぎ、オリーブ油、そして塩というシンプルな材料を使い、およそ10分ほどでできるスープは、忙しい朝の強い味方です。

そんなトマトスープをご飯にかけて、目玉焼きを乗せれば、スープご飯に変身。またトマトスープに溶き卵を加えれば、トマトと卵のかきたまスープが楽しめます。まさに、バリエーションは無限なのです。

■毎朝スープでもマンネリしない簡単な工夫

それでは、有賀さんの手軽でおいしいアイデアスープの一端を、一気に紹介しましょう。包丁を使わずにつくれちゃうものもあり、びっくりです。

(1)だしのうま味をじっくり味わうスープ

かつお節と味噌を湯のみに入れて、お湯や緑茶を注ぎ入れれば完成です。

だしの味をもっとシンプルに味わいたいなら、味噌を塩に変えてつくってもOK。かつお節の濃厚なうま味が、心にも体にもスタミナを注入してくれるでしょう。

(2)まな板いらずのすり流しスープ

じゃがいもをおろし金ですりおろし、熱した味噌汁に加えて温めればできあがり。仕上げにせりなどをのせれば、彩りも抜群。白味噌でつくったり、酒粕を加えたり、アレンジも自由です。

(3)いつもと違う切り方の野菜スープ

ズッキーニを縦長にピーラーで薄切りし、熱したブイヨンのなかに入れて3分程度煮るだけ。塩で味を調えればOKです。

ほかにも、スライサーで極細の千切りにしたニンジンを使ったスープなど、切り方を変えるだけで、見慣れた野菜のおもいがけないおいしさに出合えます。

包丁で切るより野菜の表面がギザギザになり、味がよくしみこみ、よく絡みます。ぜひ、一度お試しを!

(4)缶詰を使ったサバイバルスープ

冷蔵庫が寂しいときは、缶詰などを上手に利用しましょう。1.5cm角に切った大根を煮た鍋に、焼き鳥の缶詰を加えてさらに加熱。レモンを絞って味をキュッと引き締めればできあがりです。

時間に限りがある朝だからこそ、アイデア次第でパパッとおいしいスープがつくれます。簡単だけど、サプライズを加えたスープなら、家族の会話も増えるかもしれませんね。

(文/山本裕美)

 

【参考】

朝食に関するアンケート-株式会社マーシュ

有賀薫(2016)『365日のめざましスープ』SBクリエイティブ

関連記事