月額8000円のデータベースも無料!書店と図書館の大きな違い

  • LINEで送る
2016.05.11

suzie.20160509

どこの街にもあって、誰でも利用できるのが図書館の魅力。とはいっても、いまの時代はインターネットが主流。本当の意味で図書館を使いこなしている方は、意外に少ないかもしれません。

とはいえ図書館には、インターネットにはないいろいろな魅力が詰まっているもの。うまく活用すれば、ビジネススキルも高めることができます。

そこでぜひ読んでみていただきたいのが、『図書館「超」活用術』(奥野宣之著、朝日新聞出版)。図書館を活用することにより、知識や思考力を高めようという意図に基づいて書かれた書籍です。

きょうはそのなかから、図書館の魅力やメリットをいくつか引き出してみましょう。

■公共施設で図書館だけが無料な理由

図書館を利用するのにお金が必要ないということは、私たちにとっては当たり前の事実。ところが戦前の日本の図書館では、入館料を取っていたのだそうです。

いま無料化されているのは、戦争に負けてアメリカに占領されたから。GHQが、「日本を民主化するためには、市民の意識を変えなくてはならない。そのために、アメリカのようにあらゆる市民に無料でサービスする図書館が必要だ」と考えたからだというのです。

同じ公共施設である博物館や公民館、体育館などは、いまでもたいてい有料です。なのになぜ図書館だけが無料にされたのかといえば、それは重要な教育施設だから。事実、自治体組織では、図書館は教育委員会が設置しているのだといいます(2005年からは首長部への移管も可能に)。

小中学校の授業料が無料なのは、すべての子どもに教育を受けさせるため。同じように、貧富の差にかかわらず、赤ちゃんから高齢者まで、すべての人が社会教育を受けられるように図書館は無料になっているというのです。

■誰でも図書館で情報にアクセス可能

ところで「無料」というと、「本がタダで借りられる」という話になってしまいがち。しかし本当に重要なことは、「どんな人でも情報にアクセスできる」ということなのだと著者はいいます。

たとえば自営業者や零細企業にとって、業界雑誌や市場調査レポートを購読することはなかなかの負担。しかし購読する余裕がなかったとしても、図書館へ行けば読むことができるわけです。

また自分が珍しい難病にかかって、治療費がいくらかかるかわからないとします。そんなとき、その難病に関する高額な専門書が図書館にあったら、とても助けられることになるでしょう。

■図書館では有料データベースも無料

しかも無料なのは、書籍や雑誌など「紙の本」だけではありません。

有料データベースにしても、費用は図書館持ちなのです。たとえば日経新聞の過去記事や企業情報などが検索できる『日経テレコン』に個人で契約すると月額8,000円(2016年1月現在)かかりますが、図書館でならどれだけ見てもタダ。

また、講演会やセミナーなども無料(もしくは有料でも資料費程度)というケースが多いといいます。

つまり図書館は、本やDVDなど形のあるものだけでなく、インターネットやオンラインデータベース、講演、セミナーなど無形のものを含めたあらゆる情報を無料で提供してくれるということです。

■書店と図書館の決定的な違う点とは

次に「数」について。

書店と図書館をくらべたとき、最大の違いは「本のタイトル数」なのです。しかも書店と図書館には、決定的な違いがあります。「売れる本」を中心とした品揃えになっている書店に対し、図書館の資料は基本的に「一点もの」だということ。

また書店の場合、売れない本は返品され店頭から姿を消すことになりますが、図書館は保管できる限り、どんな本でも残しておくのが基本方針。

もし、ほとんど閲覧されることがないとしても、貴重な本が破棄されることはないのです。

また図書館の蔵書は、「世の中のあらゆることに関する本を中立的に集めよう」という意図でつくられているもの。たとえば「日本国憲法」の棚には、護憲派の本もあれば改憲派の本もあるわけです。

世の中の森羅万象を集めているのだから、それでいいということ。その結果、図書館では「レンジ(幅)」の広い本探しができるのです。

ただし図書館にも、書店に劣る点はあります。

最たるものは、「速さ」。図書館が本を買って棚に並べるまでには多くの作業があるため、新刊の発売日に貸出することはまずないということ。その結果、図書館の本棚はなかなかブームに反応できないのです。

かわりに得意なのは、有名作家が亡くなった時に過去の作品を並べる「追悼コーナー」。つまり書店の棚が「現代の縮図」なら、図書館の棚は「社会の足跡」だと著者は表現しています。

「集中力」「発想力」「思考力」「教養力」それぞれの高め方など、図書館を使いこなすためのメソッドが詰まった内容。読み終えたから図書館に足を運んで見れば、新たな気づきが得られるかもしれません。

(文/作家、書評家・印南敦史)

 

【参考】

※奥野宣之(2016)『図書館「超」活用術』朝日新聞出版

関連記事