ときめき中毒はすぐ卒業!30代女性が「幸せな恋愛」をする方法

  • LINEで送る
2016.05.20

tokimeku

「ときめかなければ、恋愛ではない!」「胸がときめくような男性に出会いたい!」。そんなことを考えていませんか? 実はそれ、恋愛がうまくいかない女性に起こりがちな「ときめき中毒」かもしれません。

スマホ小説投稿サイト『E★エブリスタ』の調査によると、20代~40代の女性66%が「日常において、もっとときめきがほしい」と回答しています。

もちろん適度なときめきは、毎日をワクワクさせてくれるでしょう。しかし、恋愛にときめきを求めすぎると、幸せからどんどん遠ざかってしまうのです。

『なぜときめくほどに恋愛はうまくいかないのか』(立川ルリ子著、SBクリエイティブ)では、恋愛コーチとして多くの女性の悩みを解決してきた著者が、30代女性の恋愛を成功させる方法を指南してくれます。

今回は、これから彼氏を見つけたい人、気になる人と距離を近づけたい人に使える方法をピックアップしました。

■ときめきの求めすぎは苦しい恋愛を招く

恋愛でときめきを求めすぎている人は、自己肯定感が低くなっているかもしれません。

「素敵な彼に好きになってもらえれば、自分を肯定できる」という思いから、ときめきに振り回されてしまうのです。

簡単にいえば、「自分が気持ちよくなりたいから、彼のことを振り向かせたい」という、自分中心の視点で相手を見ているということ。すると、相手に「自分の心をもっと満たしてほしい」と求めるようになってしまいます。

たとえば、「出会ったころは毎日何度もメールをくれていたのに、最近は1日1回しかこない」という悩みは、「何度もメールをもらっていたときのときめき」が忘れられないために起こっています。

ささいなことでネガティブな妄想が広がっていくのも、ときめき中毒になり、相手のことが見えなくなっている証拠です。これでは自分も辛くなるだけですよね。

そんな状態を抜け出すには、視点を「自分」ではなく「彼」に移すことが必要。「私だったらこうする」という立場ではなく、彼の視点に立って物を見ることがなにより大切なのです。

■相手のスペック重視では幸せになれない

「なかなかいい出会いがない!」と嘆いている人も多いでしょう。それは自分だけの視点から相手を探そうとしているから。

「イケメンが好き」「生活レベルを落としたくないから、収入の高い人と出会いたい」など、スペックの高い男性を探すのは、ただ自分の足りないものを満たし、不安を解消しようとしているにすぎません。それでは幸せな気持ちで満たされることはないのです。

自分が穏やかで充実した気持ちになれる相手を見つけたいなら、スペック重視ではなく、「自分の理想のライフスタイル」を軸にすることが大切。

「休日は自然の多い場所に出かける」「お互いの仕事帰りに待ち合わせて食材を買い、家で語り合いながら食事をする」など、自分らしさを発揮できて、晴れやかな気持ちで過ごせる、理想の環境をイメージしてみてください。

そういった視点から見ると、相性のいい男性と出会える可能性が高まります。スピード婚するカップルにはライフスタイルが合うもの同士の組み合わせが多いそうですよ。

一時のときめきに振り回されるのではなく、相手とのコミュニケーションのなかで、幸せな感情が湧き出てくる相手こそ、自分にふさわしい相手なのです。

■2回目の有無は距離感のつかみ方次第!

出会って間もない関係を進展させられるかどうかは、相手との距離感のつかみ方が鍵。自分の視点ではなく、彼の視点から距離感をつかめれば、反応は大きく変わります。

自分中心の視点だと「彼が自分のことを好きかどうか」が気になり、相手の気持ちを試すようなメールを送ったり、いきなりふたりきりでのデートに誘ったりしてしまいます。しかしこれでは相手に「重い」という印象を与えるだけ。

たとえば飲み会で会った男性が気になる場合、彼はあなたのことを覚えているとは限りません。それなのにいきなり親しげなメールをすれば相手は返信すらしないかもしれません。顔の見えないやりとりだからこそ「彼の視点」に立つことが大切なのです。

一度しか会っていない相手にメールをするなら「彼は自分のことを覚えていない」「彼は今最高に忙しいはず」ということを念頭におくくらいの配慮が必要。

「相手がもう一度自分に会いたいと思うメールはどんなものか?」と彼の視点に立って考えてみましょう。

相手のことを考えているつもりでも、いつの間にか自分中心になってしまっていることがあるかもしれません。がんばっているはずなのになぜか恋愛がうまくいかないという人は、自分が「ときめき中毒」になっていないか振り返ってみましょう。

(文/平野鞠)

 

【参考】

立川ルリ子(2016)『なぜときめくほどに恋愛はうまくいかないのか』SBクリエイティブ

女性の約7割が“ときめき”不足!?“ときめき”の価値は平均3.6万円  20代~40代女性の“ときめき”の実態とは?-株式会社エブリスタ

関連記事