7000人を接客したキャバ嬢が伝授!彼に愛される上手な甘え方

  • LINEで送る
2016.05.22

DSC01643

甘えることは得意ですか?

女性のためのポータルサイト『健康美人』の調査によると、好きな人に素直に甘えられない女性は46%もいるとか。

一方、恋愛・婚活マッチングサービス『pairs』の調査では、男性の81.1%が恋人にもっと甘えて欲しいと感じた経験があると回答。

彼氏や旦那さんからもっと愛されるためには、甘え上手になることがポイントになりそうです。

とはいえ「甘えるのが恥ずかしい」「どうやって甘えたらいいのかわからない」と悩む女性は少なくありません。そんな方にぜひ読んでほしいのが、『甘える技術 彼があなたを手放せなくなる魔法』(高野麗子著、WAVE出版)です。

著者は、7,000人以上の男性を接客した元No.1キャバクラ嬢で、恋愛アドバイザーという人物。「昔から甘え上手だったからモテていたのでは?」と思いたくもなりますが、意外にも中高生時代はまったくモテないオタク少女だったそうです。

そんな著者が、キャバクラでNo.1にまでのぼりつめられたのは、20代前半でとにかくたくさんの男性とデートを重ね、男性との上手な接し方を学び身につけたから。つまり誰でも努力次第で甘え上手になれるというわけです。

「男性から長く深く愛される秘訣は“甘える”こと」と断言する著者が、本書では好きな男性に上手に甘えるテクニックを伝授しています。

■甘え上手がよく使う6つの言葉

“甘えのプロ”である売れっ子キャバ嬢がよく使うキーワードが、以下の6つだそうです。

「うれしい」「楽しい」「幸せ~」「できない……」「ダメなの……」「あなただけ」

このうちのどれかが、多い人は30秒に1回は出てくるとか。具体的にはこのように使います。

「今日は緊張しちゃって、うまく話せたか心配。でも、こんなふうに話せたのはあなたが初めてでした。すっごく嬉しかった」

先ほど挙げた「うれしい」「ダメなの……」「あなただけ」の要素がうまく盛り込まれていることがおわかりになったでしょうか。

この6つの言葉は、人気キャバ嬢に限らず、甘え上手な人はみんな使っているのだとか。実際に何度も口に出してみて、すんなりいえるように練習しておくことを著者は勧めています。

また本書では、日常で実践できる具体的な甘えテクニックが公開されています。いくつかの方法をピックアップしたいと思います。

■職場の人に意識してほしいとき

同じ会社の人や、仕事上で付き合いのある男性を好きになった経験はありませんか?

とはいえ、ビジネスの場で甘えることに抵抗がある人は多いはず。そこで仕事中の「息抜きタイム」を利用して、ちょっと甘えるテクニックを実行してみてください。

たとえば、自動販売機があるスペースや給湯室に飲み物を用意しに行ったとき。意中の彼がいたら「今日はあんまり調子が出なくてへこんでいるの」「最近プロジェクトのことを考え過ぎて、あまり眠れないんだ」と、ちょっと弱音を吐いてみるのです。

これは人目のないところですることが、ポイントになるとのこと。

また重い荷物を運ぶときに「落としちゃいそう……すみません、一緒に持ってもらえませんか?」などとお願いしたりします。

過度にならない程度に弱音や出来ないことを見せることで、女性として意識してもらえるようになるといいます。

■草食男子を振り向かせたいとき

好きになった男性が草食系男子だったら……待っても彼から動いてくれる可能性は少なそうですよね。

このケースでは、すべての行動を“わかりやすく”行うことが重要。なにかをお願いして叶えてもらったときには、小さなことでも「○○君って頼りになるよね」「○○君に助けてもらって本当にうれしかった」と、しっかり言葉で伝えるのです。

他にも「会えてうれしい」「一緒にいると楽しい」と、彼に好意があることをわかりやすく表現するのだとか。

草食系男子はとても繊細。失敗して傷つきたくないため、うまくいくと確信が持てない勝負には出ないそうです。そのため、彼に確実にあなたが好意を抱いていることを感じてもらうことで、彼が安心してあなたに対して行動ができるようにするのです。

■彼氏にキュンとしてほしいとき

つきあいが長くなってくると、相手にトキメキを感じなくなったりしますよね。彼の気持ちを取り戻すには、視線をうまく使うのが有効になるとのこと。

彼と話をしながら、「うんうん」と相づちを打つようなシーンで、なにもせずにじーっと彼の目を見つめます。見つめる以外、話には反応しないこと。

それに気づいた彼が「どうした?」と聞いてきたら、「なんか、ずっと見ていたくなっちゃって」「やっぱり好きだなって思って見ていたらボーッとしちゃった」などと“キュン”としていたことを表現するのです。

すると彼も「この子、やっぱりかわいいな」と抱きしめたくなるといいます。

本書では上手な甘え方が身につくトレーニング方法や、具体的なアクションを初歩からていねいに解説してくれています。できそうなことからトライしていくことで、少しずつ甘える力をつけることができそうです。

片思いの彼、恋人、夫……すべての男性から愛されるための秘訣が満載の一冊。自分の恋愛スキルを高めたい、もっと彼に愛されたいと思ったら、ぜひ手に取って読んでみてください。

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

高野麗子(2016)『甘える技術 彼があなたを手放せなくなる魔法』WAVE出版

vol.329 甘え上手?甘え下手?-健康美人

甘えなきゃ損かも?女性から甘えられたい男性は●割!-pairs

関連記事