5万人以上の占いデータから判明した「男性の好みでわかる本性」

  • LINEで送る
2016.05.25

boda

「イケメンだと思ったら、実はマザコンだった」と異様に、第一印象で期待したものの、実際につきあってみると本性があらわになってげんなりしてしまうことってありますよね。

今回ご紹介する『決定版!ゲッターズ飯田のボーダーを着る女は、95%モテない!』(ゲッターズ飯田、マガジンハウス)は、テレビなどにも多数出演している占い師のゲッターズ飯田さんが、いままで5万人以上を五星三心占いで占った実績から「こんな人はこういう性格」「◯◯が好きな人は、こんな行動をする」などという傾向をまとめた一冊。

過去には「モテない」「彼氏いない歴=年齢」と相談をしにくる女性の90%がボーダーの服を着ていることもあったといいますから、なんだか興味深いですよね。今回はそのなかから、男性の好みでわかる本性をピックアップしました。

■1:割り勘好きの男は巨乳好き

本当はお金を持っているはずなのに、いつも割り勘の男性や、家で小銭をコツコツ貯めている男性。女性からするとがっかりですが、そういう「心が庶民」の人には巨乳好きが多いそう。

根がケチというわけではなく、「割り勘の感覚」が好きで、大きなことをするのは苦手なのだとか。グループで飲みに行ったときに率先して「一人◯◯円で!」などと計算する人は、巨乳好き確定かも。

■2:白い服を着る男は色白の女性が好き

白いシャツやパンツが好きだったり、バッグや帽子などの小物に白を好んで使ったりする男性は根が真面目で優しいタイプが多いとか。

そんな男性は女性の肌にこだわりがあり、色白スベスベ肌が大好きで、日焼けした女性を毛嫌いするほど。これからのシーズン、こんな男性を攻略するなら完全防備で美白をキープすべし!

■3:おしゃれな男は依存傾向あり

おしゃれな男性とは一緒に買い物に行くのも楽しく、話も弾みますが、実はモノや人に依存してしまう傾向あり。

趣味が多彩だったり、いろいろなことに興味を示す場合が多いので、変化には対応しやすい一方で一度ハマったものからは抜け出せなかったりするのです。部屋にも無駄なものがあふれがちなので、一緒に生活するとケンカになるかも。

■4:手ぶらで出かける男は理屈っぽい

お財布やスマホはポケットにつっこみ、どこへ行くのも手ぶらという男性は要注意。こういう人はマザコンで理屈っぽいことが多いというのです。相手の発言や行動に対してすぐに「なんで?」と返すタイプなら、100%マザコンと思って間違いなし。

こういう男性を怒らせるとさらに危険。理詰めで徹底的に相手を攻め、こちらのいいぶんなど聞く耳を持ってくれません。手ぶらで歩く男性と出会ったら、距離を置いてつきあった方が安全かも。

■5:リゾート好きな男はギャンブラー

南国やリゾートが大好きで、休みになるとビーチを求めて旅行するような男性は、常に刺激を求めています。だからギャンブルにもハマりやすいのですが、得意とは限りません。

明るく楽しい性格なのでモテる傾向にありますが、浮気がちで、ブランドものの下着を「勝負下着」として身につけていたりします。ギャンブラーとしては、簡単に手に入る女性には興味がないので、こちらから「好き」という態度を見せるのは避けましょう。

■6:B級グルメフェスタに行きたがる男は浪費癖がある

「今度の週末、お台場でB級グルメフェアがあるらしいよ!」。そんなふうに、もしもつきあっている彼氏がやたらとB級グルメフェスタの情報に詳しいなら、結婚はちょっと考えた方がいいかも。

こういう男性はお金を使うのが大好きで浪費家。かなりのどんぶり勘定といえます。行動範囲が広く情報を集めるのが得意なので、安くても楽しいデートをするのが得意ですが、その反面少ない小遣いでも浮気する可能性大アリ。

そのうえ女性の扱いは子どもっぽく、セックスも淡白でなかなかいいとこなし……。家でなるべく白いご飯を食べさせると、浮気の虫は治まるそうです。

■7:30歳過ぎてもパーカを着る男は飽きっぽい

Tシャツやパーカなど、襟なしの服は子どもっぽさの象徴。こういう服装を好む人はいいわけが多く、飽きっぽいことが多いそうです。

ただ、次々と新しいことに目がいくような性格が活きるような職業なら、うまくいく可能性あり。企画などのアイディアを出す仕事や宣伝マンには向いています。服装は、人生の浮き沈みにも大きく関わるもの。もしつきあっている彼氏が転職などで悩んでいるようなら、イメチェンを提案してみるのもいいかもしれません。

あくまで傾向ではありますが、「たしかに……」とうなずいてしまうものもありますよね。この本には女性編もあるので、自分や友立ちと照らし合わせて「あるある!」と楽しみながら読んでみるといいかも。

ちなみに「ボーダーを着る女」が服装を変えたところ2週間で彼氏ができたというエピソードもあるそうなので、恋愛で悩んでいる人はこの本を参考に行動や見た目を少し変えてみると、いい結果が生まれるかもしれません。

(文/平野鞠)

 

【参考】

ゲッターズ飯田(2016)『決定版!ゲッターズ飯田のボーダーを着る女は、95%モテない!』マガジンハウス

関連記事