10のストーリーを読むだけで理解できる!プログラマ的な考え方

  • LINEで送る
2016.06.08

ruby

2015年に『ケイコとマナブ.net 』と『ケイコとマナブ』が小学生以下の子どもをもつママに行った調査では、小学校高学年の「今後、習わせたい習い事」としてプログラミングが8位にランクインしました。

最近では各地に子ども向けのプログラミングスクールも開校されていて、今後ますますニーズが増えそうです。

そこでお勧めしたいのが、『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』(リンダ・リウカス著、翔泳社)。10章に分かれたストーリーを楽しみながら、プログラマ的思考法を育むことができる絵本です。

幼いころから絵本を通してプログラマ的な考え方に親しんでいれば、将来興味を持ったときにスムーズにプログラミングの世界に入っていけるのではないでしょうか。

お子さんと一緒に読むのはもちろんのこと、大人が読んでも役に立つはずです。

■プログラミング=順序よく命令を書くこと!

主人公のルビィは、考えや順番がこんがらがるのが大嫌い。はっきりしない命令をされると困ってしまいます。

お父さんに「学校に行くから、お洋服を着なさい」といわれれば、パジャマの上からワンピースを着て、靴を履きます。なぜなら、「まずパジャマを脱ぎなさい」といわれていないから。

プログラミングやコードを書くということは、コンピューターに向けて、「なにをどの順番でやるのか」を正確に命令するということ。

命令は分割して、コンピューターが理解できる大きさにしなくてはいけません。そして、なにをやるのかが詳細でなければコンピューターは間違えてしまいます。

練習として、「朝ごはんを食べる」「歯磨きをする」などの命令を順番につくってみましょう。命令が順序よく書けたなら、それがプログラミングなのです。

■アルゴリズム=ひとつずつ順番に立てた計画

ルビィは宝石を探すために冒険に出ます。まずはヒントのメモに示された4つの場所にそれぞれ目印をつけ、ひとつずつ1番近い道で行ってみることにしました。

このように問題を解決するため、命令の1セット(アルゴリズム)がつくられます。

たとえば2つの場所を移動するルートを求めた場合、1番速いルートを知りたいこともあれば、交差点が1番少ないルートを知りたいこともあります。異なるアルゴリズムはそれぞれの用途によって使い分けられるのです。

■「場合分け」をすることで混乱がなくなる

ルビィはキツネの住む野菜畑にやってきます。そこではキツネが混乱し、めちゃくちゃな状態になっていました。

そこでルビィはキツネたちに指示をします。「あなたは種まき係。畑の穴が空っぽだったら種をまいて。もう種があったら次の穴へ。列の端っこまできたら次の列へどうぞ。これを5回繰り返してね」。

これと同じように、コンピューターに対してはどのように決定を行い、それぞれの場合についてなにをすべきかを指示しなければいけません。これを「場合分け」といいます。

「もしも」「そのときは」「そうでなければ」という言葉を使って、やることを決めます。

■いいプログラマの条件は「好奇心が旺盛」

その後ルビィはロボットたちのところへ行きました。

そこではロボットたちがカップケーキを焼いています。彼らは「一度すてきなレシピを見つけたら、何百回だって同じカップケーキをつくれる。材料を変えて色々なカップケーキだってつくれるんだ」といいました。

プログラミングはこのように、とても創造性のある行為。

同じ課題でもさまざまなやり方で解決することができますし、あれこれ試しているうちにさらに素晴らしいものが生まれることもあります。

コンピューターはどんどん変わっていくもの。いいプログラマになるには、どんどん新しいものに興味を持つことが大切なのです。

■問題を見つけることもプログラマの仕事!

ルビィは川を渡るためにロープと木の枝で橋をつくりましたが、それをどうやって向こう岸に渡すのかを考えていませんでした。

困っていると、森で出会ったジャンゴという少年が一緒に考えてくれて、解決策を見つけることができました。

プログラミングでは、ほとんどのコードがはじめはエラーを起こすもの。スペルの間違いや、プログラムのロジックの混乱など、プログラマはいつだって間違い(バグ)をおかすものなのです。

問題を見つける方法が上達することも、プログラミングの仕事の一部といえます。プログラマは最初にコードを動くようにすることより、最後に仕上げる方に気をつかうものなのです。

本書はストーリーの部分とアクティビティの部分に分かれていて、アクティビティでは遊びながらプログラミングの考え方を学ぶことができます。

イラストもとてもかわいいので、文系ママでも親しみやすいはず。親子で楽しみながらトライしてみてください。

(文/平野鞠)

 

【参考】

リンダ・リウカス(2016)『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』翔泳社

『ケイコとマナブ』2015年子どもの習い事ランキング-株式会社リクルートライフスタイル

関連記事