忙しくてもデキる人に変身できる!1日30分の「攻め読書」習慣

  • LINEで送る
2016.06.09

action

「忙しくて本を読む時間がない」「読もうと思って買った本が、“積読(つんどく)状態”になっている」という人も少なくないのではないでしょうか。

実際、株式会社クロス・マーケティングが15歳~69歳の男女を対象に行った調査でも、「読書の習慣がない」と答えた人の理由は、「忙しいから」が第1位(47.4%)でした。

しかし、「忙しい」を理由に読書をしないというのは考えもの。成長したいと考えるビジネスパーソンにとって読書は欠かせないものだからです。

今回ご紹介する『アクションリーディング』(赤羽雄二著、SBクリエイティブ)の著者はマッキンゼーという多忙な職場で14年間働きながらも本を読みこなし、それを仕事に活用していったそう。

もちろん今も忙しい仕事をしながらも、読書を習慣化されています。では、いったいどうやったらそんな習慣をつけられるのでしょうか? 本書から、ポイントをピックアップしてみました。

■1:読書は「受け身」から「攻め」の姿勢に!

「時間がなくて本が読めない」というのは、時間に対して受け身になっている証拠。時間がなくても必要な本を選んで読み、それを自分の身につけるという「攻め」の読書スタイルに変えることが大切です。

読書は「してもしなくてもいいもの」ではなく「生きていくため、仕事のために必要なもの」という考え方に改め、優先順位を上げて時間を作りましょう。

■2:読書の時間はスケジュールに組み込む

1日のスケジュールの中であらかじめ読書をする時間を組み込んでおけば、「やろうと思っていたのにできなかった」ということが防げます。

著者は平日の夜と週末に30分時間を取っているそう。この30分というのもポイント。だらだらと読まず、机に向かって集中して一気に読んでいくのです。これだけでも1週間に1~2冊は確実に読むことができます。

■3:読むときは1冊に集中する

何冊もの本を同時に読むとそれぞれの本がなかなか読み終わらず、最初の方に読んだ内容を忘れてしまいがちです。

それに、1冊の本を少し読んだら、別の本を読むというようにだらだら読んでしまい、目的意識が薄れてしまったりもします。

そうではなく、1冊の本を最初から最後まで一気に読み、次の本を手にするというスタイルにすることで、その本の主旨が頭に入るようになります。

■4:本は「買って読む」ことで身につく

本は必要なとき、読みたいときに読むのが一番。図書館で人気の本を借りようとすると数ヶ月待ちになり、その頃にはその本が必要ではなくなってしまっているかもしれません。

それに、自分が買った本であればマーカーを引いたり、折り曲げたりすることもできます。そうすることで内容を自分の身につけることができるのです。

■5:「積読」は仕分けして一掃!

書店でついつい買ってしまった本も、しばらくすると読む気がなくなってしまったという経験は誰にでもあるもの。しかし、仕事に役立つと思って買った本でも、読まなければ結局無駄でしかないのです。

これを防ぐには「その日に読まない本は買わない」というルールを作ること。毎日の読書時間があるので、その時間に必ず読めるものだけを買うことで、悪循環をストップさせましょう。

また、すでに「積読」が家にあるという人は、「今見ても自分に必要だと思える本」かどうかという観点で仕分けしましょう。必要だと思える本は、数日間かけてさっさと読んでしまいます。

必要とはいえ、読まずに置いてあった本ですから、そこまで重要度は高くないものということ。最後までしっかり読むというよりは、ざっと目を通すくらいのつもりで片付けてしまいましょう。

そして、「今の自分にとっては必要ではない」と判断した本は、いさぎよく処分してしまいましょう。そうならないためにも、「今日読めるものだけを買う」というルールを徹底していきたいですね。

■6:本を読んだら他人に話してアウトプットする

ある程度読書の習慣がついたら、アウトプットの時間をつくることで自分の行動に活かせるようになります。

アウトプットの1つの方法としては読んだ本の内容を人に話すことがおすすめ。自然にポイントがまとまり、相手からの質問に答えることでより内容が整理されていきます。

そのためにも本の中で大切な部分はマーカーを引いたり、読んだ直後に大事な部分をメモにまとめたりすることが大切。そこを中心にストーリーを組んで話すことで、伝わりやすくなります。

また、相手から思いもよらない感想を聞くこともあるはず。自分の価値観とは違うものに触れ、普通なら見過ごしてしまう部分を見ることができるのも、他人に話すメリットの1つなのです。

著者によると、SNSで仲間を募って本の感想を言い合ったり、ブログにまとめたりするのも読書を習慣化したり、アウトプットするのに効果的とのこと。

実際この本と連動したFacebookページも立ち上がっています。仕事でもっと活躍したい、視野を広げたいという人は、1日30分読書の時間を確保することから始めてみませんか。

(文/平野鞠)

 

【参考】

赤羽雄二(2016)『アクションリーディング』SBクリエイティブ

読書に関する調査-株式会社クロス・マーケティング

関連記事