男性の41%が彼女の条件にする「ファッションセンス」の高め方

  • LINEで送る
2016.06.13

niau-hukuno-hosoku12

ファッション雑誌のコーディネートどおりに着ているのに、なんだかキマらない、野暮ったい。私ってファッションセンスがないのかな……。そんな悩み、身におぼえはありませんか?

センスという言葉はあいまいで、つかみどころがないものですが、ショッキングな調査結果も。

『マイナビウーマン』が20~30代男性107人に行ったアンケート調査では、「恋人選びの条件としてファッションセンスが重要」と答えた人はなんと41%も……。これは看過できない数字です。

「自分はセンスがない」と悩んでいる人にぜひ手に取ってほしいのが、『似合う服の法則でずるいくらい美人になっちゃった!』(榊原恵理、衣笠たまき監修、リベラル社)。プロのスタイリストの“センスの源”が惜しげもなく紹介されているのです。

■4×3で見抜く「似合う服の法則」

本書を監修するのは、大阪と名古屋で展開するスタイリストサロン・ビューティリアのパーソナルスタイリスト。ファッション・メークのアドバイスやワードローブのチェック、ショッピング同行などを行っています。

そんなスタイリングのプロが顧客の似合うスタイルを見極めるためのツールにしているのが、4×3の「似合う服の法則」。

4つの「似合う色」と3つの「似合うシルエット」の組み合わせで「似合う服」を算出。これに複数の傾向を併せ持つタイプなど一人ひとりの特徴をふまえ、スタイリングを提案しているのです。

本書では、似合うシルエットと色を自分で見極める方法を紹介しています。鏡を見ながらできる「似合うシルエット」3タイプをチェックしてみましょう。

■3つの骨格タイプ別似合うスタイル

似合うシルエットを割り出すポイントは「骨格」。骨の太さや筋肉、脂肪のつき具合を基準に3つのタイプに分かれます。鎖骨に注目すると分かりやすいかも。

(1)上品スタイルが似合う「メリハリタイプ」

首は短めで鎖骨は目立たない。肩幅が広く、鳩胸で胸板に厚みがある、腰の位置が高め――こんな人はメリハリタイプ。

似合うスタイルは全身を縦に細長く見せるIライン。パンツスーツやセンタープレスのパンツ、ジャケット+タイトスカートなどシンプルでキリリとしたスタイルがハマります。

(2)女性らしいスタイルが似合う「ソフトタイプ」

首は長めで鎖骨は細くて目立つ、なで肩でお尻はぺたんとしている。O脚ぎみ――そんな人は日本人女性に多いソフトタイプ。

華奢で、似合うデザインはレースやフリルを使った女性らしい華やかなもの。裾広がりのAラインで、下重心のボディをバランスよく見せるスタイルが活きます。

(3)カジュアルスタイルが似合う「スレンダータイプ」

頭のハチが大きめで鎖骨は太くてハッキリ。胸板は薄く、くるぶしが大きい――そんな人はスレンダータイプ。

骨や関節が大きく、直線的なボディラインを持ち、ラフなファッションをさらりと着こなすのが得意です。ざっくりニットやダボッとしたメンズライクな大きめサイズ、デニムなどが似合います。

なお、タイプごとにおすすめアイテムや苦手なアイテムの上手な取り入れ方もイラストつきでアドバイスされています。

また、「似合う色」4タイプも綴じ込みのカラーシートを使ってセルフチェックでき、服の色だけでなく、似合うメイクや髪の色も知ることができます。

■考え方は「似合う8割、好き2割」

とはいえ、似合うスタイルや色が、好きなテイストと違う場合もありますよね。

本書は「診断結果はあくまで目安。『○○は着てはいけない』ということではなく、『似合う8割、好き2割』でおしゃれを楽しみましょう」という、おおらかなスタンス。「好きな服をおしゃれに着たい」という思いにも応えてくれます。

たとえば好きな色と似合う色が違うときは、似合う色を顔周りに使い、好きな色は顔から遠いボトムスに使えばOK。

好きなスタイルが似合うスタイルと違うなら、デザインの工夫やアクセサリー・靴など小物使いで、似合うスタイルのテイストを取り入れるだけでも印象がグッと変わるのです。本書では、こうした“苦手克服”のアイデアもスタイル別にアドバイスしています。

「似合わないものは排除」という引き算の発想ではなく、「似合うものを味方にすればトク」という足し算の考え方で、ストレスなくセンスを磨くことができるのです。

似合わないシルエットの服だと着太りしたり、貧相に見えたり。似合わない色はシミやシワを目立たせたり、肌をくすんで見せたりすることも。

似合うスタイルと色を取り入れることでマイナスイメージを拭い、劇的にセンスアップできるというわけです。

もう「センスがない」なんて悩む必要はありません。「パーソナルスタイリストに相談してみたいけど、どういう風に診断されるのかちょっと不安……」という人にもおすすめ。

「おしゃれもセンスも、選ばれた人だけのものじゃない!」と思えるはずです。

(文/よりみちこ)

 

【参考】

榊原恵理(2016)『似合う服の法則でずるいくらい美人になっちゃった!』リベラル社

彼女選びの条件で「ファッションセンス」は重要? 約6割が「いいえ」-マイナビウーマン

関連記事