普通の店より百均で買う方がいい「室内遊びおもちゃ」ベスト10

  • LINEで送る
2016.06.21

shutterstock_353724320

6月18日に鹿児島地方気象台が、「奄美地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。1984年以来、32年ぶりの早い梅雨明けだそうです。

ところで、梅雨が明けて夏本番を迎える地方も、関東などまだまだジメジメした気候が続く地方でも、注意が必要なのは、体内の水分が奪われていく熱中症です。

ご家族にお子さんがいる場合、屋外で汗だくになって遊ぶのもいいですが、お部屋のなかで涼しく快適に遊べるおもちゃがあればさらに安心ですね。

そこで、100円均一のお店『Seria(セリア)』で、子どもとワイワイ遊べる「室内遊びおもちゃ」を探してみました。昔懐かしい、素朴だけど盛り上がるおもちゃから、「これが100円ならお得!」と驚いてしまうようなものまでを後紹介していきます。

■1:室内でお砂遊び「ワンダーサンド」

1

2

3

近年、玩具店で注目の的となっている室内遊び用の砂が100均に登場です。

触ったことのない人にぜひ一度体験していただきたいのが、ぎゅっと握ると固まり、ふわっと崩れる独特の触り心地。手先を使った遊びは脳トレにも最適。約100gと量こそ少ないものの、十分に楽しめます。

■2:手のひらサイズの「リモコンラリーカー」

4

5

ケーブルでつながったプラスチック製の車を、リモコンで操作できるおもちゃ。単三のマンガン乾電池2本が別売りとなります。前進後進のボタンがついているだけの単純なつくりですが、スピードは意外と速いので、小さな子は大喜びするはず。

■3:女子の夢が詰まった「おままごとセット」

6

100均のお店は、おままごと遊びに使うおもちゃが豊富です。幼いオシャレ心に火をつけるビューティーセットや、お母さんのマネやお人形遊びに使えるおそうじセットなど、お友だちの家に行くときのちょっとした手土産にもいいのではないでしょうか。

■4:不思議な感触「ぷにぷにバルーン」

7

8

9

スライムのような風船の元を、ストローで膨らませるおもしろグッズです。この商品は、製造元の会社近くの小学校から職業体験に来た、小学生のアイデアから生まれたおもちゃ。繰り返し何度でも使えて、ぷにぷにした感触にもハマってしまいそう。

■5:大人も夢中になる「恐竜おりがみ」

10

11

折り紙の折り方手本と、目玉シール、完成した作品を飾るためのステージがついています。数枚の折り紙を組み合わせると大型な作品ができあがるので、お子さんと協力しながらつくってみてはいかがでしょうか。かぶとむしなどの昆虫バージョンもありました。

■6:みんなでドキドキ「バランスモンキーゲーム」

12

12-1

グラグラ揺れる木におサルをぶら下げて、落ちないようにバランスを取っていくゲーム。誰でも参加できて、一様に盛り上がれること間違いなし。これが100円で手に入るとはお得です。

■7:集中力を育む「イライラおまめゲーム」

13

14

お箸でつるつるした豆を移動させて遊びます。お箸の使い方を覚えたての未就学児などは、遊びながらお箸の練習ができますね。

■8:ポータブルサイズの「すごろくゲーム」

15

このボードゲームシリーズは、大人の手のひらにすっぽり収まるほどのコンパクトサイズ。すごろくを一度スタートすると15分くらいは時間を潰せるので、家のなかで「やることがない」、「ヒマだ」と騒ぐ子どもと遊んでみては?

■9:室内遊びの基本「ちっちゃぬりえ」

16

17

昔からあるぬりえは、一度使ったらそのページは遊べなくなってしまう消耗品です。

そこで、100均で子どもがお気に入りのキャラクターを見つけ、何冊か家に常備しておくと便利。どこかへお出かけした際に子どもが飽きてしまっても、かばんからサッと取り出せば、静かに遊ばせることができます。

■10:ピエロの気分で「へびなが工作ふうせん」

18

屋外イベントなどでピエロさんにつくってもらえるバルーンアートを、家庭で楽しめるグッズです。つくり方も書いてありますが、意外と難しいのでお子さんと一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょう。なお、ボールの空気入れなどポンプが必要となります。

以上、おうち遊びに使える100均おもちゃでした。

お店で一緒に選ぶのもよし、こっそり家に置いておいて雨の日にサプライズで遊ばせるもよし、ぜひ自由に楽しんでみてください。小さな部品もありますので、対象年齢を確認し、小さなお子さんからは目を離さないようにご注意を。

(文/中田蜜柑)

 

【参考】

Seria(セリア)

関連記事