高級魚の鯛を100%使っている「鯛ラーメン」人気が急上昇中!

  • LINEで送る
2016.06.23

IMG_2175

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。

ラーメンって本当に自由な食べ物。毎年、いままで食べたことのないような新しいラーメンが出てきて驚かされています。決まりがあるようでない食べものなので、ラーメン店主さんたちは次々に新たな味にチャレンジしているのです。

そして、いま来ているラーメンはズバリ「鯛ラーメン」!

「鯛」といえば日本古来より親しまれてきた食材で、お祝いの席では定番。

お刺身や煮つけが定番ですが、和食だけではなく中華やフレンチ、イタリアンなどでも人気の食材です。

そんな「鯛」を使ったラーメンがここ1~2年で一気に人気を博しています。

その火つけ役のひとつといえるお店が、四谷三丁目にある「鯛塩そば 灯花」。2015年4月にオープン以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで数々の賞を受賞、全国各地のラーメンイベントでも引っ張りだことなっています。

鯛は愛媛県宇和島産の鯛を使用、塩ダレは佐賀県玄界灘の塩をチョイス。

鯛100%のスープ+塩ダレのみという、鯛の旨味を前面に押し出した一杯。あっさりと仕上がっているがコクがあり、奥深さもあり、とても上品なおいしさです。川瀬店主にお話を伺いました。

■鯛100%スープで原価は大丈夫か

――「鯛塩そば」はどうやって生まれたんですか?

川瀬店主:「1号店(塩つけ麺 灯花)で人気の塩ダレを使って新たな一杯をつくりたいと思い、いろいろ試行錯誤してたどり着いたのが「鯛」でした。なかなかやっているお店も少なかったので、たくさんの方にご試食いただき、ブラッシュアップさせていまの味が完成しました」

――鯛は高級魚として知られていますが、原価については大丈夫なんでしょうか?

川瀬店主:「愛媛の宇和島の鯛を100%使用していますが、地元の業者さんから安く入れていただいています。冷凍ではなく、毎日新鮮な鯛が入ってきますよ」

――鮮魚ということで、臭みとかは出ないものなのでしょうか?

川瀬店主:「その日に使う分だけ仕入れて新鮮なものを使っているので、臭みも大丈夫です。炊いて割とすぐにダシが出ますので、常に新鮮なスープをご提供できています」

■鯛ラーメンを愛する人の意外な特徴

――どんなお客さんが多いですか?

川瀬店主:「ラーメンファンの方はもちろん、地元の常連さん、そして鯛はヘルシーなので女性のお客様も多いですね。年配のお客様も来てくださいますし、日本伝統の食材ということで外国人の方もたくさん来てくださいます」

ラーメンをいただいた後は特製の「鯛茶漬け」でシメるのが通。「日本人に生まれてよかった!」と思わせる一杯です。

だんだんと鯛ラーメンを提供するお店も増えてきているので、これからも動向にも注目です。

(文/ラーメンミュージシャン・井手隊長)

 

【参考】

鯛塩そば 灯花

関連記事