「学資保険or積立預金」本当に教育費の準備になるのはどっち?

  • LINEで送る
2016.07.05

shutterstock_95861449

子どもを授かると、親としていちばん最初に考えるのが「教育費の準備」ですよね。

できる範囲で希望の教育を受けさせてあげたい。親ならば誰もが思います。

そこで最初に検討されるのは「学資保険」ではないでしょうか?

学資保険は、いろいろある生命保険のなかでは、比較的好印象な保険ではないかと思います。

しかし、この学資保険、本当に教育費の準備になるのでしょうか?

なぜ日本人が学資保険に対して好印象なのかといえば、学資保険が積立代わりだと思っているからでしょう。

■学資保険でいくら戻ってくるのか計算すべし

その昔、郵便局で学資保険に入ると、満期の時に倍ぐらいになって戻ってきた時代がありました。

インフレ率等を考えてきても相当な戻り率です(そのぶん住宅ローン金利も高かったので、差し引きしてどれくらい恩恵を受けている人がいるかは微妙ですが)。

そのイメージがついてはなれないのか、「学資保険は得だ」と思ってしまうようです。

しかし実は、ご相談に見える方の実の70%以上は、得にならない学資保険に入っているといったら、みなさん驚かれるのではないでしょうか。

もしすでに学資保険に加入しているのであれば、一度計算してみてください。

「いくら払って」「いくらの満期で戻ってくるのか」を。

210万円払って、200万円の満期なんてケースは結構あります。

なかには、払った以上に戻ってこないことをわかった上で加入している人もいるかもしれません。

そんな人は決まって、「保険がついているから仕方がない」なんていい方をします。

たしかに、学資保険・こども保険という名称の保険のなかに、育英年金などの保険機能がついているものもあります。

学資保険払込中に契約者(ほとんどのケースで父親)が死亡した場合に遺族に教育費の援助ということで育英年金が支払われるという内容です。

内容の話を聞くと、とってもいいような気がします。しかし、よーく考えてください。

なぜなら、教育費等必要な保障額は、ご主人の生命保険できっちり計算してリスクヘッジさせてあるはずです。

■200万円もらえる学資保険じゃないとダメ

つまり、わざわざ学資保険でプラスしてその部分にお金を払う必要はないはずなのです。

その他に、子どもの医療保険がついていることを理由にあげられる方が多いのですが、それもいかがなものでしょうか?

乳幼児医療制度が整っている今、ある一定の年齢まで、医療費は無料です。自治体によって違いますが、長いところですと中学校卒業するまで、医療費無料なんていう自治体もあるほどです。

そのなかで、どれだけの保険料をそこに払うのが適当なのか、考える必要がありそうです。

学資保険は、純粋の貯蓄であるべきではないかと思います。

180万円ぐらいの払い込みで200万円の満期がもらえる。最低でもこれくらいでないと、月々積立預金をしたほうがマシなことになってしまうのではないでしょうか?

現段階で、払ったより戻ってくる金額が少ない学資保険に入っている方は、がっかりしてしまったかもしれません。でも、あきらめずに、計算することをお勧めします。

現在加入中の学資保険を解約すると、いくら損をするのか。そのことについて計算するのです。

ほとんどのケースで保険の途中解約は損が出ます。しかし、いまやめた損のほうが、満期まで払い続けたときの損にくらべて少ない場合は、思い切って解約をすることをお勧めします。

その上で、貯蓄性の高い学資保険に入りなおして損が少しでも埋まるのであれば、入りなおしを検討してみてもいいのかもしれません。

(文/ファイナンシャルプランナー・岡崎充輝)

関連記事