アメリカで患者が1000万人もいる「夏季鬱」の恐ろしさとは?

  • LINEで送る
2016.07.15

shutterstock_372483427

梅雨から夏にかけて気をつけたい病気といえば、熱中症や食中毒。しかし、実は鬱病にも注意が必要です。

この時期になりやすい鬱病は季節性感情障害(SAD)で、「季節性鬱」とも呼ばれています。一年間の特定の時期に気分が落ち込む病気で、「夏季鬱」と「冬季鬱」の2種類があり、ストレス等のなんらかの原因がなくても陥ってしまうもの。

アメリカではSAD 患者は 1,000万人、冬季鬱は 1,500万人と推定されており、冬に多い病気でしたが、最近では夏に症状が出る人も増えているそうです。

世界的に季節が移り変わる時期や、降水量が多い季節は自殺率が高いという研究もあり注意が必要です。

今回は楽しく夏のスタートを切るためにも、この季節性の鬱について学んでおきましょう。

■季節性鬱の症状

不眠や食欲の低下、頭痛や吐き気などの症状が最初に現れ、やがて「気力が湧かない」「集中できない」「家事や仕事・外出したくない」という気持ちになってきます。

冬の季節性鬱に過食、過眠の傾向が強いのに対して、夏の場合は食欲不振、不眠が目立ちます。

また、夏の季節性鬱は夏バテと勘違いしやすい症状がそろっているため、注意が必要です。

■季節性鬱の原因

季節性鬱の原因ははっきりとわかっていませんが、脳内のセロトニンが不足するためではないかといわれています。セロトニンは心の安定に不可欠で、これが不足すると情緒不安定になります。

セロトニンは日光を浴びることで生成されるため、曇りがちな梅雨の時期や、日照時間の短い冬に不足しやすくなります。

梅雨~夏は湿度が高く、気圧変化や暑さが原因でストレスをためやすく、不眠にもつながり、自律神経のバランスも壊しやすい季節です。自律神経のバランスが悪くなると鬱の症状が出やすくなります。

■季節性鬱の対策

(1)規則正しい生活をする

自律神経を乱さないためには、規則正しい生活が必須です。

しっかりと朝寝て夜起きる生活を心がけてください。朝日を浴びることでセロトニンも生成されるので、朝起きたらカーテンを開けましょう。

食事は、暑くても冷たいものばかり摂取するのはご法度。身体を冷やさないように温かいものを食べる必要があります。セロトニンをつくるにはトリプトファンとビタミンB6が必要なので、これらを多く含む大豆や赤身の肉を食べるといいでしょう。

暑くて外出せずにいると、日光に当たらないためセロトニンが生成されません。朝の涼しい時間に散歩等の軽い運動を習慣にするといいでしょう。ただし、熱中症には注意してください。

(2)エアコンの風を弱めに調整してみよう

暑いからといって、エアコンの設定温度を低くしすぎないように注意が必要です。外と室内の温度差が激しいと、自律神経が乱れ、夏の鬱になるリスクが高まります。

外気との温度差をなるべく抑えるためにも、設定温度は28~29度くらいにし、ときどき窓を開けましょう。オフィスや電車内などの房調整ができない場所では、パーカーを羽織ったりブランケットを使用するといいでしょう。

就寝前はタイマーの設定も忘れずに。

梅雨から夏にかけては、心身ともに気を使わなければいけない季節。楽しく夏を過ごすためにも、いまから生活を見なおしておきましょう。

(文/堀江くらは)

 

【参考】

夏の鬱 ストレス解消には?-ケータイ家庭の医学

関連記事