日本のミスマッチ定義は異常!3年で3割が離職する説は嘘だらけ

  • LINEで送る
2016.07.20

shutterstock_320843252

「採用のミスマッチ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

採用する企業と学生との間に認識のズレがあり、入社後にギャップが生じて、新卒社員が早期に離職してしまうことを指します。

大卒(大学院)新卒社員の3割が、3年で離職するのだとか。このミスマッチが生まれる理由は、おもに2つあるといわれています。

■採用のミスマッチが起こる2つの原因

(1)厳選採用への移行の失敗

近年の新卒採用は、学生を厳選しようという傾向が強くなっています。とりわけ強くなっているのは、有名大学出身の優秀な学生を採用しようとする意識。

ところが、採用基準に適合しない学生でも採用しないと採用計画を充足できないため、不適合な人材が入社後にミスマッチを引き起こしているというのです。

(2)大学進学率の高まりと学生の質の低下

少子化による18歳人口の減少が続いています。ところが、大学進学率はこの20年間で倍増しています。新設大学が増えて学部も増加した結果、18歳人口が減少しているにも関わらず、学生数は増えているのです。

大学・大学院卒の就職希望者数も約2倍に増えています。

学生数を確保したい大学側が推薦入学やAO入試に注力した結果、学生の質が低下し、就職が困難になっているという指摘もあります。

企業が求める能力を有していない学生は就職の選択肢が狭くなり、希望する職に就くことができないため、ミスマッチが起こりやすくなっているというのです。

■実は採用のミスマッチなど存在しない

厚生労働省の「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移」では、昭和62年から平成26年度までの離職率データを確認できます。

これによると、規模・職種にかかわらず、過去と現在の数値はさほど変わりありません。大学卒で見ても、30%台前後で推移していることがわかります。

ミスマッチは、昭和40年代の高度経済成長時代から社会問題として取り上げられていました。昭和40年代ですから40年以上前になりますが、当時の数値と現在の数値にそれほどの乖離は見られないのです。

しかし就職情報会社は、「3年で3割も辞めるんです。だからミスマッチです!」と強調します。では、この数値を検証してみましょう。

ソースは2010年以降のものを参照します。アメリカ労働統計局によれば、大卒者が32歳までに平均8回転職することが明らかになっています。

イギリス国家統計局のデータでは、大卒者が入社4年以内に3回以上の転職をする割合は「男性22.7%、女性26.4%」であり、大韓民国統計庁によると、大卒者が初めて入社した会社の平均勤続年数は2年未満、3年後の離職率は7割を超しています。

各国の調査結果は調査項目が統一されていないため比較が難しいですが、少なくとも日本のミスマッチとされている基準(3年3割説)が高いとはいえません。

各国の数値と比較しても高くないということは、日本のミスマッチの定義自体がそもそも間違っているということです。

ミスマッチは、過去から続いている市場の法則だということがわかります。ミスマッチがクローズアップされることが極めてナンセンスなのです。

■矛盾だらけの新卒採用は変わらない!

個人のキャリアを形成するのは、企業名ではありません。入社した企業に対して、それを期待しているとしたら大きな間違いです。

特に有名企業や大企業に入社した人にありがちなのが、根拠のない自信と優越感です。

有名企業や大企業に入社するためには、相応の努力と運が必要とされます。

しかし、人生の勝利者のごとく勘違いをしてしまう学生がいます。これは新卒採用の矛盾が引き起こした悲劇といわざるを得ません。

新卒採用という慣習が今後も継続する限り、ミスマッチという言葉がなくなることはないでしょう。企業も学生も既に気がついているはずです。

新卒採用が矛盾だらけであることを。そして、なにも変わらない新卒採用が毎年繰り返されることになります。

(文/コラムニスト・尾藤克之)

関連記事