1位の死亡率は10万人中128人!危険度が高い職業トップ10

  • LINEで送る
2016.08.16

shutterstock_162554609

世の中には、命に関わるような危険な職業がいくつもあります。米労働省によれば、2014年に仕事中に亡くなった人は、アメリカで4,500人以上いるそうです。

危険でも頑張ってくれる人がいるから、私たちの生活は成り立っています。

では、具体的にどんな職業が危険なのか?

アメリカの情報サイト『Gazette Review』が発表した、2016年最も危険度の高い職業を見ていきましょう。危険度は、10万人の労働者に対しての死亡率で表しています。

■10位:建設労働者(死亡率11.8)

建設現場で重いものを運んだり、電動工具を使用したり、時には高い場所で作業をする肉体的にもハードな仕事です。

アメリカ労働統計局が発表したデータによると、10万人の建設労働者に対しての死亡者数は11.8人となっています。

■9位:電線作業員(死亡率21.5)

電線工事やメンテナンスを行う仕事は、日々感電の危険に身をさらしています。高所での作業でもあるため、落下事故が起きる可能性もあります。

■8位:農業労働者(死亡率21.8)

それほど危険なイメージがない農業の仕事ですが、機械作業による事故が少なくありません。

たとえば、トラクターからの転落や転倒の危険性が考えられるでしょう。また天候により作業が左右されることや、かなりの長時間労働になることもあります。

■7位:トラック運転手(死亡率22.0)

荷物を運ぶトラックの運転手は、日常的に長距離を運転するため、事故を起こす、または事故に巻き込まれる可能性が高くなります。スキルや経験が豊富なドライバーであったとしても、運転事故によって死亡するケースが少なくありません。

■6位:製鉄、製鋼工(死亡率25.2)

金属構造を構築するために、構造用鋼と金属薄板の組み立てや、金属の溶接作業などを行う仕事。

橋や建物など、さまざまな建設現場で作業をするため、多くの危険がひそんでいます。特殊な工具を使用するほか、高いところでの作業では、落下事故も起きやすくなります。

■5位:ゴミ収集業者、リサイクル材の回収業者(死亡率33.0)

ゴミ収集やリサイクル材の回収業者は、重機を操作し、有害物質や廃棄物を取り扱う危険な仕事です。

また長時間大型トラックを運転し続けることで、事故のリスクが高まります。それに、作業中、ミ収集車に巻き込まれる危険もあるのです。

■4位:屋根職人(死亡率38.7)

屋根のメンテナンスなど、高所作業が主となる仕事です。

屋外で行うため、雨によって滑りやすくなったり、強風により転倒や落下の危険があったりと、天候の状況によっても事故につながります。他の建設関連の仕事と比べても、はるかに高い致死率と負傷率となっています。

■3位:航空機パイロット(死亡率53.4)

憧れの職業といわれるパイロットですが、危険度が高い職業のトップ3です。

乗客の命を預かる責任のある航空機パイロットは、悪天候でのフライト、機材トラブル、墜落の危険性もあります。またパイロットの平均年収は1,212万円と高収入ですが、民間航空機を操縦する前には、1,500時間ものトレーニングを受ける必要があります。

■2位:漁師(死亡率75.0)

荒れ狂う海での仕事は、常に死と隣り合わせです。カニ漁の人間を追ったドキュメンタリー番組「ベーリング海の一攫千金」を見れば、その過酷さがわかるでしょう。

悪天候により、波や風が強くなれば、転落事故も起きやすくなります。さらに陸から離れた海の上での作業のため、緊急事態が起きた場合でも病院に行くまで時間が掛かります。

■1位:木こり(死亡率127.8)

アメリカで危険な仕事のトップは、木こりです。死亡率が10万人中127.8人と、断トツの高さです。

巨大な木を切断するためにチェーンソーなどの重機の操作が必要で、ときには高い場所で作業を行います。重機による事故や、高所からの落下、切った木の下敷きになるなどの危険があります。

また、かなりの長時間労働であり、天候にも大きく影響を受ける仕事です。

危険な場所や機械を使っての作業は、たとえ安全対策を行っていたとしても、事故が起きるリスクがあるでしょう。

怪我や命の危険を伴う仕事は、進んではやりたくないものですが、私たちの生活に欠かせない重要な職ばかりです。働いている方々に対して、感謝と尊敬の気持ちを持ちたいものですね。

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

Top 10 Most Dangerous Jobs In 2016-Gazette Review 

関連記事