数字を読みたがる人とそうでない人で違う!上司のタイプ別攻略法

  • LINEで送る
2016.08.22

shutterstock_389832529

こんにちは。深沢真太郎です。

ビジネスパーソンを数字と論理に強くする「ビジネス数学」を提唱する、教育コンサルタントです。

きょうは、上司のタイプによって接し方を変えないといけないという話をしたいと思います。

■映画のラストを知っても鑑賞するか

突然ですが、想像してみてください。

あなたの友人が、ある映画を鑑賞しました。その映画は、1週間後にあなたも鑑賞予定だったものです。ところがこの友人が、うっかりその結末をあなたに喋ってしまいました。

さて、あなたは次のうちどちらのタイプでしょうか?

(A)自分で見ないと気が済まない。それでも鑑賞する

(B)もう結末はわかっているので、鑑賞しない

ちなみに、私ならBでしょうか。映画やドラマに対しては、結末がどうなるのかがもっとも高い関心事なので。でも、たしかにAタイプの方も実際いますよね……。

■上司はAとBどちらのタイプなのか

さて、そろそろ本題に入りましょう。

このように、「とにかく自分で見ないと気が済まないタイプ」と「結論だけ伝えてくれればいいタイプ」がいるという事実は、ビジネスの現場にも当てはまります。

前回もお伝えしたように、上司は部下に対して「数字」での説明を求めるものです。しかし、そこにもまた2つのタイプがいることをご存知でしょうか。

(A)とにかく自分でデータを読み解きたいタイプ

(B)結論だけわかりやすく数字で伝えて欲しいタイプ

Aは、自分の分析力や数字力に自信のあるタイプなのでしょう。少々悲しいですが、部下の考察や分析内容をあまり信頼していないともいえます。

このようなタイプの上司にいくら結論だけを端的に数字で伝えたところで、おそらく納得しないでしょう。

■AとBどちらのタイプか見抜く方法

「他の数字は見たのか?」「もっといろんな角度から分析したのか?」「◯◯◯分析もやってみたか?」

もし、あなたの上司がこんな台詞をよく言うタイプなら、間違いなくAタイプの上司です。

この上司は数字に強く、自分で見ないと気が済まないタイプですから、とにかく素材となるデータをたくさん用意して見せてあげるのがベストです。

もちろん、あなたなりの考察も言えるようにしておく準備は必要ですが。

一方、Bは自分で分析したり数字を読み解いたりすることが苦手、あるいは多忙を極め、とてもそんな時間はない上司でしょう。

このようなタイプの上司にいくら素材となるデータをたくさん用意しても、それを見るはずがありません。

「こんなの見せられてもわからん」「重要なデータだけ見せてくれ」「要するに結論はなんだ?」

もしあなたの上司がこんな台詞をよくいうタイプなら、間違いなくBタイプです。なによりもまず、あなたなりの考察と結論を(わかりやすい数字で)簡潔に伝える必要があります。

根拠を求められたり、もっと詳しいデータを見たいといってきたりしたら、そこで初めて細かい数字を見せてあげればよいのです。

つまり、ビジネス数学の観点で見ると、上司は2種類のタイプに分かれます。

(A)自分で数字を読みたい上司

(B)結論だけ伝えて欲しい上司

あなたの上司はどちらのタイプでしょうか? そしてあなたは、それに適したコミュニケーションをとっているでしょうか?

(文/深沢真太郎)

 

【参考】

ビジネス数学の専門家 深沢真太郎 〜数字が苦手な人の救世主〜-YouTube

ビジネス数学ブログ

深沢真太郎(2015)『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』日本実業出版社

IMGP1469z

関連記事