85%の人が「愛情感じる」と回答!恋人の一番嬉しい行動とは?

  • LINEで送る
2016.09.08

shutterstock_325471916

最近、家族や友人など自分の大切な人のところに立ち寄って、素敵なニュースを伝えたことはありますか?

この質問に対して、「そういえば、もうずっと会って話してはいないかも」と答える人は多いと思います。

メールやfacebookで「いいね!」をすれば、実際に会わないでもつながっていると思えますし、時間がないときでもちゃんとメッセージを伝えられます。

そのため、顔を合わせて話すのと、さほど変わらないような気がしてしまいますよね。

でも、本当にそうでしょうか。

ニューヨークの恋愛情報サイト『Your Tango』が自動車メーカー・フォードと一緒に行ったアンケート調査で、メールよりもfacebookよりもずっと効果のあることが判明しました。

最近、大切な人と会って話してない人にはドキッとしてしまうはずですよ。

■もっとも愛情を感じるのは「実際に会うこと」

質問内容は、「家族や友人など大切な人から嬉しいニュースを聞く時」「実際に会った場合」と「電話」「メール」「facebookなどのソーシャルメディア」のどれが一番うれしいかを答えてもらうというもの。

結果は歴然で、55%が実際に会って共にすごすことが「とても愛されている」「自分は大事にされている」と感じると答えています。

次に多かった回答は、「サプライズでやって来てくれること」で、30%の人が「愛されている&大事にされている」と感じるとのこと。

以下、メールをもらった時が12%、ソーシャルメディアに掲載されるのが一番いいと答えた人は、3%に過ぎませんでした。

つまり、85%の人が実際に会うと愛情を感じるということですね。

もう少し詳しいアンケート結果を見てみましょう。

・友人や大事な人の良いニュースを聞いて一番にしたことは、車に飛び乗ってお祝いを言いに行ったことと答えた人が26%

・電話で話すのが、その次の選択肢という人が51%

・メールやソーシャルメディアにコメントするのが、さらにその次の選択肢という人が22%

いいニュースの時は、親密度が高い方法が好まれるようです。

逆に、悪い知らせの場合はどうでしょうか。

・悪いニュースを聞いた時、52%もの人が相手に会いに行くと回答

・37%がむしろ電話でなぐさめようとすると回答

・サポートを申し出るのに最善の方法はメールやソーシャルメディアと答えた人は11%

悪い知らせであっても、やはり親密度が高い方法が好ましいようですね。

実際に会う方が、大切な相手への影響が大きくなるのもうなずけます。

■愛情を感じるor感じないが健康や寿命に影響

実は、大切な相手に会った方がよいことを裏付ける研究は、他にもたくさん出ています。

・2013年にC.スー・カーター博士とスティーブ・ポージス博士の研究「愛の生化学」によると、愛情のある人間関係がない場合、他はすべて満たされていても人の才能は開花しないと結論づけています。

愛情は感情であるだけでなく「複雑な神経化学的なシステム」なのだそうです。人間の才能の発動条件として「愛」が組み込まれているという説ですね。

なんだか、いきなりハードな話になってきました。また、同研究では次の指摘もしています。

・人間の心臓に関する防御と自然治癒の通常プロセスの一部は、愛情に関連する化学物質に依存している。

愛は文字通りにハートを守る役目、つまり心臓を守る役目を果たしているというわけですね。

大切な人に会うことを大事にしている人は、お互いの愛情を高めるだけでなく健康まで高めていることになります。

心臓を回復させるのですから、本当の意味での癒しになるわけですね。

いよいよ「愛されている感じがする・しない」の問題を超えてきているようです。

また更に、次の点についても同研究で指摘されています。

・感情面での強いサポートとなる人間関係のある人は、孤独感を感じている人よりもストレスに耐性がある。

ストレス耐性の基になるポジティブな社会性を支えるのは、身体中に「愛」の生物学的なメッセージを伝達するホルモンと同じ複数のホルモンである。

愛する対象がいると強くなれるというのは、愛を伝達するホルモンが、ストレス耐性ホルモンとイコールだったからなのですね。

2016年のワシントンポスト紙は、孤独な人や社会的に孤立している人は、死亡リスクが非常に増大すると報じています。

実際に「孤独」を、喫煙や肥満と同様の公衆衛生上のリスクとする科学者もいるのです。

最初は、お祝いを言うのに会うのと電話とメールとソーシャルメディア、どれがいいか、というライトなアンケート結果でしたが、途中から、才能を開花させ、健康を高め、ストレス耐性を高めるのは、実は大切な人に会って感じる愛が大元になっている、という壮大な結論に至ってしまいました。

「時間を取るのが大変だし、メールでいいや」なんて言っている場合ではないのかもしれません。

それにしても、つながるためのツールが便利になればなるほど、実際に会うことは貴重な機会となります。

大切な人からの連絡を受けたら、まず一番に「外へ出て、電車や車に乗り込む」という選択肢を加えるべき時のようです。

いつもは難しくても、たとえばこの週末や次の連休などはいかがですか。

初めてスマホを買った時のように、慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れるだけの価値はあります。なにしろ、大切な人に会うのですから!

(文/粟飯原由布子)

 

【参考】

New Study Reveals What People You Love REALLY Want From You-YourTango

関連記事