月10万円以上も!副業初心者でも稼げる「スマホせどり」のコツ

  • LINEで送る
2016.09.20

sedori

突然ですが、みなさんは毎月の給料が10万円アップしたら何をしたいですか?

「旅行に行きたい」「趣味に使いたい」「しっかり貯金をしたい」など、考えただけでワクワクしますよね。

とはいえ、給料を10万円上げるのは至難の技。そこで最近は本業以外の副業で稼ごうという人が増えています。

MMD研究所が行った調査では、副業をしているビジネスパーソンは14.0%にのぼることがわかりました。そのうち49.4%は、インターネットを使って副業をしているそうです。

今回ご紹介する『月10万円ラクに稼げる 「スマホせどり」入門』(斉藤啓太著、日本実業出版社)ではインターネットの中でも、特にスマホを使って副収入を稼ぐための方法が紹介されています。

著者の手法を使えば月10万円の収入も夢ではないといいます。さっそく、気になる内容をピックアップしてみました。

■せどりは江戸時代から行われている商売

「せどり」とは古書店で安く買った本を他の古書店で売り、その差額を利益にするというもの。簡単にいうと「転売」ですが、これは江戸時代から行われている商売なのです。

同じものでも販売店によって価格差があるため、安く仕入れて高く売ることができればその分利益を得ることができます。

儲けるためには、相場より安くなっている商品を探すことが基本です。

現在では本に限らずゲームや家電、フィギュア、おもちゃなど様々な商品でせどりが行われています。

■手軽なスマホせどりは初心者向きの副業

せどりと一言でいっても、実店舗で仕入れる「店舗せどり」や、ネットショップで仕入れる「ネットせどり」など色々な方法があります。

著者が今一番稼ぎやすいというのが「スマホせどり」。これはフリマアプリの「メルカリ」や「ラクマ」で商品を仕入れてAmazonで販売するというもの。著者はこの方法で月100万円以上の利益を出しているそう!

まだ実践している人が少なく、スマホ1台で手軽にできるので初心者にもおすすめです。

せどりで扱う商品は、あれもこれもと手を出さず1つのジャンルに絞りましょう。それによって相場がわかるようになり、商品の知識も身につきます。1つのジャンルで稼げるようになると、他のジャンルでも稼ぎやすくなるでしょう。

■メルカリ売買で実際に稼げた3つの事例

「スマホせどり」ではメルカリは仕入れに使いますが、メルカリの仕組みを知るために自分の不用品を出品してみるとよいでしょう。

「こんなものでも売れるの?」と思うような商品でも売れてしまうことがあります。たとえば画面の割れたiPhoneや、道に落ちていそうなドングリなどでも買い手がいるのです。

また、メルカリの特徴のひとつにコメントのやりとりや値下げ交渉があります。多少面倒に感じるかもしれませんが、これらを通じて商品の適正価格がわかってくるでしょう。

(1)ゲーム機

ゲーム機は古い機種でも欲しい人が多いので狙い目。

著者は4年前に発売されたPSPというゲーム機を当時の定価よりも1万円以上高く売ることができたそうです。このようにAmazonで定価よりも高くなっているものはプレミア商品となります。

今は懐かしいスーパーファミコンもAmazonでは3万円以上で売られていますが、メルカリでは1万円代で購入できることもあるといいます。

プレミア化しやすい商品は、このように生産が終了しているものや生産数が限定されているもの、初回限定版など。

売るなら最新機種のものと考えがちですが、古いものでも需要があるので要チェックです。

(2)家電

著者はメルカリで1300円で購入したデジタルフォトフレームをAmazonで5倍以上の価格で販売できたそう。ギフトでもらうことの多い商品はメルカリで新品を格安で販売しているケースがあるので狙い目です。

儲かる家電商品は中古でもたくさんあります。安い価格で入手することができるので、利益につながりやすいでしょう。

ただし、中古で購入した家電はAmazonで出品する前にきちんと動くかどうか動作確認が必要。また一通りクリーニングを行うことで購入者からのクレームを減らすことができます。

家電ジャンルは儲かる商品が多数ある一方、まったく需要のない商品もあります。先入観を捨てて、売れる商品をしっかりとリサーチすることを心がけましょう。

(3)カメラ・レンズ

カメラのレンズはどのメーカーのものでも人気があり、著者はSONYのレンズで9000円以上儲かったことがあるそうです。自分が使うために購入して、不要になったらAmazonで売るというのも一つの手です。

本書では効率的な仕入れの方法や、買い手をつけるための売り方などのテクニックが多数紹介されています。メルカリで仕入れてAmazonで売るというシンプルな方法で副収入を得られるなら、チャレンジしない手はありません!

(文/平野鞠)

 

【参考】

斉藤啓太(2016)『月10万円ラクに稼げる 「スマホせどり」入門』日本実業出版社

ビジネスパーソンの副業に関する実態調査-MMD研究所

関連記事