日本人女性はなんと平均146時間も気まずい空気に耐えられる!?

  • LINEで送る
2014.10.20

shutterstock_109918988

「彼氏、いませんよ」って答えた途端、周りがビミョーな空気に包まれちゃった経験、ありませんか?

こっちはフツーに答えただけなのに、勝手に満ちていくお気遣い感がどんより痛くて、冷たいビールが急激にぬるく感じる、ちょっとした相対性理論的な時間経過のアレ。

この空気、みなさんなら、何時間くらい耐えられるでしょう?

今回、彼氏いない告白後に流れる気まずい雰囲気の耐久時間についてのアンケート調査を10~60代女性100人に行ったところ、なんと、平均146時間という結果に!

つまり、約6日間……。苦行の耐久レースを想像して、日本人女性のドМメンタルの奥深さを実感しました。

しかし、調査結果をよく見ると、1時間以内と答えた人は58%に達し、半数以上の人が、気まずさを耐えがたく感じている様子。

一方で24時間以上という回答は22%で、そのうち、回答上限の1,000時間という答えが14%。コメントも併せてみると、そもそも気まずさなど感じない、気にしない人も少なくないことが分かりました。

耐えられない理由では、「みじめな気分になるから」「馬鹿にされるのがイヤ。耐えられない」「同情されるのはキツイ」「恥ずかしい」など、“彼氏いない子=不憫な悲しい子”という、大迷惑な不文律にウンザリしている様子が……。

また、「その空気に耐えられないから」「めんどくさい」など、原因より居心地の悪さについてのコメントも多く寄せられました。

気にしない理由では、「それほど気にならない」「気まずくなったことはない」という意見が圧倒的で、「事実だから気にしない」「彼氏いなくても平気だから」という割り切ったコメントが多かったのも印象的。

世間に根強い“彼氏いない子=不憫な悲しい子”という、恋愛コミックな価値観が覆されない限り、気まずい空気にさらされる事故は残念ながら想定内……。スルースキルの出番です!

そして、言葉を受ける立場では、ヘタな気を回さずに事実を事実として会話してゆくことが大切なのかもしれません。

(文/茶柱ズバ子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『mixi survey(ミクシィサーベイ)』

調査期間:2014年10月16日(木)

調査対象:全国10~60代の女性計100名

関連記事