私達は知らない間にスマホに毎週「●●回」も手を触れていた

  • LINEで送る
2014.10.21

2

今、スマートフォンは私達の生活になくてはならないものとなっていますよね。そんなときだからこそ、どれぐらいスマートフォンに依存しているか、具体的な数字で確認してみませんか?

今回は、マーケティング会社Tacmarkが発表した、スマートフォンに関する衝撃の数字データをお伝えします。

まず、私達のほとんどは毎週1,500回スマートフォンを手にしているそうです。いちいち数えないものですが、改めて数字で見ると驚きますね。

■現代人は一週間のうち丸一日をスマートフォンの操作している

ちなみに、使用時間は1日、平均3時間16分くらいです。操作時間は短いですが、トータルだと確かにこれぐらいになりそうですよね。これは1週間のうち、丸1日スマートフォンを使うことに費やしているということになります。

また、平均的な人は朝7:31にスマートフォンを手にして、メールとFacebookを確認してからベッドから起き上がっている、とのこと。そして、10人に1人はスマートフォンがないと大きなものを失ったように感じてしまうそうです。

恐らく、あなたも朝はこんな過ごし方をしているのではないでしょうか? 中には、ベッドから出る前に、天気を確認したり、ニュースを読んだり、友人にメールを1、2通送っている人もいるはず。

さらに、日によって、電車の時間を調べたり、銀行の処理をしたり、Instagramの更新まで朝早くから行なっているのではないでしょうか。

ほとんどの人は、自分でも気付かないうちにスマートフォンを手にして触っていると言います。そして、3分の2の人が何も考えずFacebookにログインして閲覧できると告白しています。

あと、驚くべきことに、10人に4人が何も考えずメールを確認していることが一度や二度あると話しているのです!

■毎朝スマートフォンを操作することが無意識で儀式化している

今回の調査結果について、Tacmark社のリチャード・ヘイズ氏は「スマートフォンは今や第二の創造主のような存在です。指一本で、インターネット上で何よりも容易に情報や友人へアクセスすることができます。

ただ、多くの人々は毎日何回スマートフォンを確認したり、そのまま簡単な作業を行ったりしているかは気付いていません。

私達のほとんどは朝起きてすぐスマートフォンを手にして、ニュースやメールを見ることに罪悪感があります。しかし、実は朝の重要な儀式のひとつなのです!

とくに朝はあまり時間がないので、パソコンが起動するのを待つより、スマートフォンでFacebookをチェックする方がずっと楽ですしね」と語っています。

つまり、こんなに多くの時間スマートフォンに触れていても、「またスマートフォンに触っちゃってた……」などと反省することは全くないのですね。どうせなら、もっとスマートフォンを使って毎日を楽しくすることを考えてみませんか?

(文/水野渚紗)

 

【参考】

How often do YOU look at your phone? The average user now picks up their device more than 1,500 times a week-Daily Mail Online

関連記事