恐怖!なんと女性は毎日515種類もの化学物質を体に浴びていた

  • LINEで送る
2014.11.05

shutterstock_159926990

変な化学物質のせいで、肌が荒れたり、かゆくなったりしたことのある女性はいませんか?

合わない化粧品やシャンプーって、意外とありますよね。それでいつの間にか肌の調子が悪くなってガッカリした経験、誰しも一度や二度はあるはず!

だから、できるだけオーガニックを選んで使っている女性は多いのではないでしょうか。

ちょっと前に科学ジャーナリスト・渡辺雄二氏の『買ってはいけない』がベストセラーになったこともあります。消費財に含まれている化学物質って、ちょくちょくメディアで取り上げられていますよね。

しかし、私達女性がいくら気を付けていても、無意識のうちに化学物質は浴びてしまうものなのです!

■食品添加物の6.4倍も化学物質を摂取している!

実はイギリスの研究で、女性は毎日・平均515種類の化学物質を体に取り込んでしまっていることがわかっています。

日本人は食品添加物を一日平均80種類も口にしていると言われていますが、化学物質はその6.4倍なのです! ちょっとスゴイですよね。

これは、消臭剤メーカーのひとつ『Bionsen』が2,016人のイギリス人女性に行った調査によってわかった事実です。

毎朝口紅を塗ったり、消臭スプレーを振りかけたり、顔や体に化粧水や乳液を塗り込んだりして、女性は自分自身の体に取り込んでいる、とのこと。

平均的なイギリス人女性は日々、体や顔に化粧水や乳液、香水、消臭剤、化粧品を使用しているそうです。この動作は、私達日本人女性も同じですよね。

そのため、知らず知らずのうちに大量の化学物質を体に運んでしまっているのです! 想像すると、背筋が寒くなりますよね……。

■3分の1以上の女性は化学物質に気付いてない!

例えば、化粧水や乳液は、30種類以上もの化学物質を含んでいるものもあります。香水にいたっては、400種類以上もの化学物質が含まれているのだとか……。

もちろん、こういった事実を自覚している女性は少数派です。この調査に参加した女性の3分の1以上が、化粧品に含まれている鍵となる物質について知りませんでした。

たつた9%の女性だけが、毎日使っている化粧品に含まれている含有物質について気付いていた、との怖い結果が出ています。

オーガニックをいくら使っていても、私達はまだまだ化学物質との関係を断ち切れないようですね。これからは、いつも515種類の化学物質を浴びていることを自覚して、化粧品やシャンプーを使うようにしてみませんか?

(文/水野渚紗)

 

【参考】

Women wear 500 chemicals daily-SMH.com.au

※小池里予・小池英(2004)『ホリスティック健康学・ホリスティック栄養学入門―“21世紀の新・ベジタリアン生活”のすすめ』 ホリスティック栄養学研究所

関連記事