社会人の仮病は超危険!経営者5人に1人は社員をクビにしていた

  • LINEで送る
2014.11.12

shutterstock_90836864

みなさんは仮病で会社を休む時、どんな言い訳を上司に伝えていますか? いつも、うまくごまかせていますか? まさかその仮病、上司にばれていませんよね?

アメリカで最もメジャーな求人情報サイトのひとつ『CareerBuilder』 によると、アメリカのビジネスパーソンの4人に1人(24%)が、仮病で休んだことがソーシャルメディアから上司にばれているそうです。

また、経営者の5人に1人(22%)が仮病を使って休んだ社員をクビにしています。中には、部下の病欠を不審に思って、家の前まで行ってチェックする上司もいることがわかっているそうです。

ちなみにイギリスでは、3人に1人が仮病で欠勤しており、その企業は年間90億英ポンドもの損失を出している、とのこと。でも、社会人にとって仮病ってなくてはならない存在ですよね。

そこで今回は、海外の面白おかしい仮病事情をお伝えしたいと思います。

■10人に1人はただ天気がいいだけで休む!

まず、プライスウォーターハウスクーパース株式会社の調査で、今年使った仮病を使った理由として最も多かったのが、「二日酔い(32%)」「スポーツ観戦のため(8%)」「仕事に嫌気がさした(26%)」「職探しの面接(26%)」、そして「月曜日だから(11%)」でした。

まぁ、こういった気分の時もありますよね……。他には、10人に1人が「天気が良かったから休みを取った」ことを自白しています。天気に左右されているようでは、ちょっと出世はできなさそうですね。

そして、病欠を取った中で最も多かった職種は、専門職やサービス業(35%)、次に営業(34%)でした。ITや介護関係といった職種では、病欠を取った人は最も少なかったようです。IT業界の人はホッとしてしまったのではないでしょうか。

次は、仮病する時に使う言い訳について。みなさん、一体どんな言い訳で会社を休んでいるのでしょうか?

■ただ美しくなりたいために会社を休む!

『CareerBuilder』が2013年度に発表した、アメリカの就業者が使う“信じられない病欠の言い訳”の一部は本当にひどいです。

なんと、「高速道路を運転中に、入れ歯が外れて車の窓から飛び出した」「誰かが家のドアと窓を接着剤で留めてしまったので、家から出られなかった」「七面鳥に入っていた化学物質のせいで眠くなり、当直に出損なった」など、滅多に遭遇しないアクシデントばかり言い訳に使っているのです。

こんな言い訳、絶対に真似できないですよね。この2014年版はもっと非常識な言い訳ばかりです。

(1)鍋料理をオーブンに入れただけで大変なことになったから。

--いやいや。「そんなことあるか!」って感じですよね。

(2)私の美容整形手術は多少の微調整が必要だから。

--完全に自分の都合……。

(3)バスルームで座っていたら、足全体がしびれました。それで立ちあがった時、ころんで足首を骨折したから。

--ありえないっちゃありえない言い訳ですが、これはまだ許せる範囲じゃないでしょうか。

(4)週末中はずっとカジノにいたのですが、月曜朝もまだ遊ぶ金があったから。

--だからって休んじゃダメでしょ。

(5)良い気分で目覚めて、それを台無しにしたくなかったから。

--社会人としての自覚が足りなさすぎるのでは?

(6)昨夜ラッキーな夜を過ごしたのですが、朝起きたら自分がどこにいるのかわからなかったから。

--すぐばれそうな嘘ですよね。

(7)食料品店に置いてある血圧計にはまって、抜け出せなくなったから。

--店員さんに外すよう頼めばいいですよね。

(8)胆石が私に「早く治療してほしい」と催促したから。

--「どんな胆石だよ」って話ですよね。

(9)制服を乾かそうと電子レンジでチンしたら火事になったから。

--まずその発想がすごいですよね。

(10)うっかり飛行機に乗ったから。

--「どうして空港に行くの!」って感じですよね。

明らかに嘘って感じがしますよね。あなたは、こんなひどい言い訳していませんでしたか? クビになる可能性だってあるわけですから、仮病は程々にしていきましょう。

(文/水野渚紗)

 

【参考】

Work: 10 most ridiculous excuses for not going to the office-Telegraph

関連記事