「すご~い」はもうやめて!69%の男性は嘘っぽいと感じていた

  • LINEで送る
2014.11.13

shutterstock_202894597

合コンや飲み会などで男性と一緒になると、「すご~い」とよく口にする女性がいますよね。

どこでインプットしたのか、男性を褒める言葉として使ってしまう、この「すご~い」。どこかの恋愛マニュアルに「使うべし」と書かれていたのでしょうか?

今この記事を読んでいるあなたも、何となく男性は「褒めた方がいい」と思って、本心ではないのに少し上目使いで「すご~い」を使っていませんか?

しかし、「すご~い」という言葉に、多くの男性は嘘っぽいと感じているそうです。どうやら気持ちがこもっていないのが世の男性にモロバレで、超絶ウケが悪そうな感じ……。

そこで、この「すご~い」という言葉を男女それぞれがどんな風に感じているのか調査しました。

■意外と「すご~い」を連発する女性は少数派

今回、「合コン中、別にすごくない男性の前で“すご~い”と何回言っていますか?」とアンケートをとったところ、約75%が「言っていない」との回答。案外みなさん、嘘はつけないようですね。

あとは、1~2回がポロポロあり、10回以上の方もチラホラ。このような回答をした女性は、ほとんど口癖化しているのかもしれませんね。

逆に男性に対して、「女性から“すご~い”と言われた時、嘘くささを感じたことはありますか?」と質問したところ、70%の方が「嘘くささを感じる」と回答。

でも、残りの30%の男性は、本気で信じているということになります。ということは、男性を落とすならこの30%を狙った方がいいですね!

■女性の「すご~い」発言は全然すごくない!

一方、女性はどんなときに男性に対して「すご~い」を使っているのでしょうか? これについては、ダントツで“自慢話”でした。とにかく自慢話には、この「すご~い」がセットの様子。

他には、「どうでもいい話」や「よくわからないとき」など、「すご~い」がただの相槌になっているような感もありました。あと、「すごいと言ってほしそうなとき」なんて男性心理を完全に読んでいるような意見もひとつ。

……ちょっとここまでは何だかブラック意見ばかりでしたが、もちろんちゃんとホワイトな意見もありました。

それは、「頭のいい発言をしたとき」「ゲームか何かできたとき」「本当にすごい話をしたとき」などなど……。ここから何となく、女性がどこかしら本気じゃないような感じが伝わってきますね。

対する男性は、女性のどんな「すご~い」に嘘くささを感じるかと言うと……。「大袈裟」「オーバーリアクション」「適当」など、“態度で一目瞭然”とのこと。

あと、「目が笑っていない」「目を合わさない」など、女性のことを見ていないようで、案外しっかりと見ていました。

他には、「どんな態度でも嘘くささを感じます!」なんて意見もあり、最近の男性は「すご~い」に対してもはや抵抗感しかないみたいですね。

■「すご~い」を使う場合は使い分けが重要!

要するに、女性が口癖のように使ってしまっている「すご~い」は、どうやら男性にとっては、馬鹿にされていると感じてしまう言葉になってしまっているようです。男性は女性に対して、つい自慢話をしてしまいたくなるもの。

なのに、わざとらしく「すご~い」と言われても、へこんでしまいますよね……。

ただ、女性にしてみれば、本当に「すご~い」と思って言ったのに、逆効果だったら悲しいですよね。つい使ってしまう言葉なのかもしれません。しかし、本当はどう感じているかは、そのまま言葉にのって相手に伝わるものです。

つまり、この「すご~い」に関わらず、その言葉がどういう意味を持っているのかを理解して使うことが大切になります。本当に賞賛できるときに使ってこそ、男女のコミュニケーションが生まれるのかもしれないですしね!

(文/岡副貴士子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『mixi survey(ミクシィサーベイ)』

調査期間:2014年11月4日(金)

調査対象:全国10代~60代の男女計200名

関連記事