私語のしすぎは危険!社内で無駄話が許されるのは●分までだった

  • LINEで送る
2014.11.25

shutterstock_141915112

仕事中に、もし目の前で何分も無駄話をしている新入社員がいたら……?

時と場合にもよりますが「この子、やる気ないんだな」と、筆者なら呆れてペケをつけてしまうかもしれません。

そもそも、会社に入ったばかりの立場でお喋りしている暇などあるのか疑問に思うのですが、毎年ビックリするような新入社員エピソードを耳にします。

「ゆとり世代だから」とか言われているけれど、一概にそれだけではないような気がしてなりません。

さて、今回は至ってシンプルな質問! 「入ったばかりの新人が仕事中にダラダラしている無駄話は何分まで許せる?」というアンケートを男女100人に実施しました。

結果は「許せない」と答えた人がたったの24%……。みなさん、意外と寛容なのですね?

詳細をさっそく、見ていきましょう!

■無駄話をする新人は意外と少ないことが判明

新人の無駄話を許せる時間で1番多かったのが、「5分」の31%でした。

コメントを見ていくと、「5分までは無駄話ではなく、世間話程度だと思う」「そのくらいなら聞いていられる」「手を動かしていないなら、5分くらいまで」といった内容ばかり。筆者も5分が限界レベルかなぁ……。

次に多かった回答が、「0分」の24%。

「新人がダラダラと無駄話をしているなんて言語道断!」という人達は、「1分も許さない」「ダラダラ無駄話している場合じゃない」と厳しい意見もありました。

しかし、中には「そういう新人に会ったことがない」というコメントもチラホラ……。確かに筆者も、ダラダラ無駄話をするような新人と仕事をしたことはありません。

■無駄話を容認できる派は最高120分まで許せる

新人のお喋りに関して、それほど悪い印象を持っていない人も僅かにいました。

例えば、最高で120分=2時間までOKと答えた人が2%。また、「60分」という人も1%で、いずれも男性でした。

理由を見てみると、「自分の業務・周りに迷惑をかけていないなら問題ない」「一区切りだと思う」など。職場の環境はそれぞれですから、仕事内容にも寄るのかもしれませんね。

■女性より男性の方が新人の無駄話に厳しい!

他には、「新人たる者1分たりとも私語は慎め!」といった厳しい意見も……。逆に、「無駄話でストレスが発散できるなら、あまり気にならない」というフリースタイルな意見も。このふたつはどちらも、男性のコメントです。

いつも具体的なコメントが多い女性陣が、今回は「ノーコメント」が多く、男性の方が詳しく思いを語ってくれましたよ。女性は元来お喋り好きだから、とやかく言いたくなかったのかもしれませんね。

また、最も印象的だったのは「5分までなら許せるけれど、でも本当は全くしてほしくない」と答えた男性のコメント。

みなさん、ストレートに●分と答えてくれてはいるものの、どうやらそれは本音ではないかもしれません。やっぱり社会人になったら、それなりの常識やマナーを身に着ける必要がありますよね。それはゆとり世代とは全く関係のない話だと筆者は思います。

……というわけで、新卒はもちろん、転職して新しい会社で新人からスタートする人達もぜひ上記の無駄話の許容時間、参考にしてみてくださいね。

(文/喜田宏美)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年11月14日(金)

調査対象:全国20代~30代の男女計100名

関連記事