あなたの十八番は大丈夫?カラオケで「痛い女」と思われない方法

  • LINEで送る
2014.11.25

shutterstock_155450504

忘年会シーズンになってきますと、会社の同僚や取引先の人とカラオケに行く機会もありますよね。採点型カラオケ番組も人気のようで、高得点を出すために、ひとりでカラオケに行って練習している人もいるといった記事を見かけます。

それなら、みんなカラオケで十八番がたくさんあるはず! そう思い、100人の方に「“これは自信をもって歌える!”という曲数は何曲ですか?」と聞いてみました。

……というわけで今回は、カラオケで歌う曲についての調査結果をお送りしたいと思います。この記事を読んでいるみなさんは、十八番がいくつありますか? ぜひ、自分と比較しながら読み進めてみてください。

■十八番は5曲ぐらいあるのが普通だった!

みんなの十八番の平均は、4.85曲という数字になりました。多いですか? 少ないですか? カラオケ苦手な筆者としては、こんなにあることが羨ましくなりましたが……。

でも、平均が5曲あることより驚いたのは、「そのような曲はない」「カラオケそのものに行かない」「歌わない」という、つまり十八番なしの人が67%もいたことです。

確かに、カラオケに行っても全く歌わない人っていますよね。手拍子したり笑ったり、食べているだけの人。

一方、カラオケで歌って盛り上がっている方は、他人のことは一切気にせず、次の曲を選んでいるという……。狭い部屋のなかで二極分化をしている感じでしょうか。

十八番なしの理由も、「下手だから歌わない」「音痴だから歌わない」「自信がない」「カラオケは大嫌い」が目立ちました。忘年会シーズンになったら憂鬱になる層は、案外多いようです。

■選曲ひとつで人間性が疑われる可能性も!

とはいえ、カラオケで最近みんなが知っている曲を選ぼうとすると「AKB48かSMAPか嵐か……」などとかなり限定されてしまいませんか?

「歌える曲はあるんだけど、きっと誰も知らない曲を歌ってもなぁ……」と曲選びに悩んでしまうケースもありますよね。

他にも、「アニソンが好きなんだけど、オタクと思われてなぁ……」「こんな暗くてマイナーな曲が好きって変なやつと思われないかなぁ……」「英語の曲だとかっこつけって思われないかなぁ……」「昔のヒット曲を選んだら、おっさんくさいと思われないかなぁ……」などと考え出すと、案外選曲は難しいですよね。

カラオケの十八番ひとつで、人間性が疑われてしまうこともあるでしょう。

でも、今年は『Let It Go』があります! 『アナと雪の女王』は男性のサラリーマン諸氏でも映画館にひとりで見て「俺もありのままで生きたい……」とじんわりと感動する映画だと評判です。

選曲して、上司に「一緒に歌いましょう!」とお誘いすれば、心の中で「俺も実は歌いたかった」とつぶやいてくれて、評価が上がるかもしれませんね。

(文/安原宏美)

 

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年11月4日(火)

調査対象:全国20代~30代の男女計100名

関連記事