隠し事は恋人にバレなきゃOK?秘密の数は愛情と関係ないと判明

  • LINEで送る
2014.11.26

shutterstock_217147789

誰だって、好きな人のことは色々と知りたくなるものです。「あなたのことは全部知りたい。隠し事があるなんて絶対に許せない!」とパートナーの何もかもをとにかく知りたがる人、結構いますよね。

しかし、相手の全てを知ることが幸せでしょうか? 人間誰しも、ひとつやふたつの秘密はあるもの。もし、パートナーが何か人に言えないような隠し事をしていたら……? あなたはどれだけ許せますか?

もちろん、愛ゆえに「全く気にしません」「平気です」と言いたいところです。でも、世の中の本音はどうなんでしょうか?

そこで、パートナーの隠し事を許せる数についてアンケート調査を実施。結果はなんと、平均が15.67個となりました! 今回、このような結果となった理由を詳しくお伝えしたいと思います。

■隠し事を100個していても許すツワモノも!

まず、パートナーが約16個も隠し事をしていてOKって、相当心が広い気がするのですが、みなさんはどうでしょう? これがマジョリティな意見なのでしょうか……。

もちろん、最も多かった回答は「0個」です。全体の約40%の方が「私に一切隠し事はしないで。許せないから」と思っていることが判明しました。

そうです。そうですよね~! 誰だって隠し事があるなんて、絶対に許せませんよ。きっと「もしあるのなら、今すぐここで話してください!」というような気持ちなのでしょう。よ~くわかります。

次に多かったのが、「1~5個」で約40%でした。まぁ、人間ですしね。

心境としては、「これぐらいなら、何とか許せます。許しましょう。許したい……」といった感じでしょうか。確かに、「これぐらいの隠し事ならいいかな」とちょっと思ってしまう数ですよね。

ただし、中には太っ腹な「100個」という方もいました。その割はなんと、13%! この回答をした方々は、隠し事が何個でもいいのでしょうか? それとも、ご本人もそれぐらい隠し事があるから、許せるのでしょうか?

■パートナーの隠し事は個数より内容が重要!

もちろん、できれば誰しもパートナーに隠し事があるなんて思いたくないものです。よって、「内容によるから、実際なんとも言えない。どうでもいい内容なら、いくつあったってどうでもいい」というのが本心でしょう。

例えば、浮気だったり、借金だったり、そんなことが発覚したら、1個であっても激怒しますよね。そのため、「100個」と回答したような少数派の意見は「誰にでもあるから……」というものの様子。

これ、ホントにそうですよね。大小に関わらず、秘密にしたいことはあって、他人にとってはたいしたことではなくても、自分にしたら絶対に言いたくないことはあります。

だから、隠し事があって当然。よって、「何個あったとしても、一生隠し通してくれれば何個あっても構いません」というのが実情ではないでしょうか?

とはいえ、そもそもバレるような隠し事は絶対にNG! 隠し事は、墓場まで持って行く覚悟でするもの。どこかから、「浮気するなら、絶対にバレないように、一生胸の内にしまっておく覚悟なら浮気したら?」というような声も聞こえてきそうです。

この記事を読んでいるあなたにも、きっと人には言いたくない隠し事はあるはず。それなのに、「パートナーに隠し事があるなんて許せない」なんて言っていませんか?

理想を抱く気持ちはわかります。でも、やっぱり完璧な人間はいません。「隠し事はあって当然。それも含めてあなたのことが好きです」と言えることが、最も素敵だと思いませんか?

(文/岡副貴士子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年11月11日(火)

調査対象:全国20代~30代の男女計100名

関連記事