国民は税金の●●兆円が「無駄遣い」と感じていることが明らかに

  • LINEで送る
2014.11.27

shutterstock_115876861

みなさん、私達の国が背負っている借金の額を知っていますか? 本年9月末時点で、1,038兆9,150億円となっています。国民一人当たり818万円の負債なのです!

これって普通の人なら弁護士事務所に駈け込んで、自己破産の申請をするレベルですよね。しかもこのお金、使い道は不明瞭だし、尻拭いばかり課せられているみたいで、何だかモヤっとしませんか?

そこで今回、30代の男女100名を対象に「日本政府は何兆円分、税金を無駄遣いしてきたと思いますか?」という調査を行ないました。

結果は、なんと平均283兆円に! 今年の国家予算一般会計は95兆8,823億円だから、体感的にはざっくり国家予算3年分の無駄遣い! これって、スゴイ喪失感ですね!

それでは、無駄と感じる中身について、一緒に見てみましょう。

■国民が「無駄」と感じているものトップ3

まず、私達が無駄遣いされたと思っている税金の使い道トップ3は、1位:箱モノ(26%)、 2位:議員(23%)、3位:公共事業(20%)でした。この3つだけは、いつまでも揺るぎない無駄地位を築いていますね。

「無駄な国会議員の経費、公共工事、政策」

「箱モノを作りすぎた政治家が多すぎる」

「議員の数も多いし、税金を自分の財布だと思っている」

「無駄な選挙が多すぎる」

「第三セクターなど採算を甘くみた建築物、人件費、天下り先をつくるための施設、そのための人件費などが無駄遣いです」

どれも、昔から叩かれているのに何も変わらない印象です。でも、私達のお金って政府のポケットマネーじゃないんですよね! だからこそ、無駄遣いが許せないんですよね。

■国が優柔不断で軽率だから税金が無駄に!

また、政策や人件費については、「時代に合わせて支出を見直すことを怠った」「政府関係者の給与と年金」「場当たり政策で毎年10兆円以上無駄にしているイメージ」など、先見性のない政策や身内主義の政府への不満も多く寄せられました。

その他、外交予算を指摘する声も。例えば、「バラマキ外交」「米軍への思いやり予算、ODA、政党助成金、整備新幹線などで使い過ぎ」などの意見がチラホラ。非常にナーバスな問題だけど、いずれは踏み込むべき重たい課題ですね。

そして、次の意見は恐らく多くの人が同意してしまうことでしょう。

「今まで何に使っていたらこんなに借金が増えるのか、全くわからない」

「何に使われているのか、不透明すぎて想像もできないが、そんな国民への不透明さを利用して、何かしら色々な無駄に使っている気がする」

何だか私達、浪費壁のある旦那に生活費を遣い込まれ借金の保証人にまでされちゃったけど、長年のことで感覚がぼんやりしちゃっている奥さんみたいじゃないですか? 感覚が麻痺しきっているんですよね。

さて、12月14日は衆議院選挙ですね。2年の任期を残しての解散です。

ちなみに、前回2012年の総選挙では約650億円の税金が使われたとのこと! 国民一人当たりでは512円のお支払いになります。これ、激安ランチ1回分ですよね。

ここまで来ると「政府の体質改善なんて絶対に無理じゃん」って諦めそうになりますが、借金額は容赦ないし、生活や未来のためにもやっぱり諦めちゃダメですね。

だって、日本人は平均で283兆円、税金が無駄に使われたと思っているわけですから……。私達もこれからはもっと、政府や行政に目を向けていきませんか?

(文/茶柱ズバ子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年11月18日(火)

調査対象:全国30代男女計100名

関連記事