ネットで中傷されやすいのは「圧倒的に男性」と研究で証明される

  • LINEで送る
2014.11.28

shutterstock_193538549

今、芸能人のTwitterがよくニュースで取り上げられていますよね。先日は、ダウンタウンの松本人志は髪を染めた写真をツイートしただけで話題になりました。

ただ、炎上もします。@付きで、嫌がらせも受けます。性別によって、嫌がらせの受けやすさに違いがあるのでしょうか?

実は、女性より男性芸能人の方がTwitterで嫌がらせを受けやすいことが明らかになったのです!

イギリスで最も大きいシンクタンク『Demos』が200万件のツイートを分析した結果、男女それぞれの芸能人がインターネット上で受ける嫌がらせの傾向がわかりました。

今回は、このデータの詳細をみなさんにお伝えします。

■男性がTwitterアカウントに受ける嫌がらせの数は女性より上!

日本でも、言われてみれば確かに男性芸能人のツイートが炎上しているイメージですよね。もちろん、女性のTwitterアカウントも話題には上ります。でも、どうやら比じゃない様子。

なんと、男性芸能人に送られた20件に1件のツイートが嫌がらせで、その多くは男性が送ったものだと判明しているのです! ヒドイですね……。

さらに、女性ジャーナリストと男性芸能人はTwitterの嫌がらせに衝撃を受けやすい傾向にある、とのこと。日本でも、過去に女性ジャーナリストのツイートが炎上しましたよね。それだけショックも大きそうです。

ちなみに、男性芸能人に対してのツイートは2.54%も中傷的だったこともわかっています。一方、女性芸能人に対しての嫌がらせはわずか0.95%……。男性の方が圧倒的に嫌がらせされていますね。

男性より女性への嫌がらせが多いのは、ジャーナリズム関係のみ。女性のジャーナリストやアナウンサーがインターネット上で受けた嫌がらせは、同職の男性の約3倍だったそうです。

あと、イギリスも日本と同じく、男性の方がソーシャルメディアで投稿したがる傾向が強いこともわかっています。

男性芸能人が受けた4分の3の嫌がらせと、女性芸能人が受けた60%以上の嫌がらせは、男性からのツイートだったそう。女性より男性の方がいちゃもんをつけたがりやすいみたいですね。

■Twitterは嫌がらせするものではなく優秀な情報収集ツール!

『Demos』リサーチディレクターのカール・ミラーさんは、「今回の調査で、嫌がらせを受けやすいのは女性より男性が多いというだけでなく、嫌がらせをするのも女性より男性が多いということがよくわかりました。

昔から、世間の注目を浴びることは批判を受けることも覚悟しないといけないものでした。しかし、Twitterは芸能人と距離が近いため、罵倒を浴びせやすい状況にしてしまったのでしょう。

とはいえソーシャルメディアは今、社会生活の重要な一要素となっています。

これについて調べることは、私達が今住んでいる世界について知るために欠かせないツールです。ソーシャルメディアのおかげで私たちは以前よりも社会や政治に関する証拠をより多く集められるようになりました。

今、世の中で起きている問題を知ることや、その問題に対していかに対処すべきかを考えるために、Twitterは非常に役立ちます。ぜひ、知識を増やすために使っていきましょう」と語っています。

一般人の私達が、芸能人と同じようにTwitterに嫌がらせを受けることは少ないと思います。どちらかと言えば、嫌がらせをする側かもしれません。

でも、便利なTwitterは嫌がらせに使うのではなく、有益な情報を集めるために使っていきたいですね。

(文/水野渚紗)

 

【参考】

Male celebrities receive more abuse on Twitter than women-Demos

関連記事