日本人は我慢強すぎ!8割は「テレビの●●に負けない派」だった

  • LINEで送る
2014.12.01

shutterstock_166288835

「スーパーに行くときは、お腹を減らして行かないこと!」

これは、買い物をする時にいらない物まで買いすぎないようにするための鉄則だと言われています。“空腹は最高の調味料”とはよく言ったもので、お腹が空いていると目にした食べ物をすごく食べたくなったりするからなんです。

でも、そんなにお腹が減っているわけではないのに、深夜にテレビをつけたらラーメン特集が始まって、「どうしてもラーメンが食べたい!」とコンビニに走った……なんて経験はありませんか?

偽物の空腹感というのか、基本的に人間はおいしいものを見たら食べたくなって、つられ買いしてしまうものではないでしょうか……。

そう思い、男女100人を対象に、こんなアンケートを実施。「テレビで紹介された料理につられて買ってしまった食べ物の金額はいくらですか?」

結果、日本人の堅実さが浮き彫りになりました!

■テレビに惑わされない人が約8割も!

「見たら食べたくなってつい買ってしまったという人、多いだろうな~」と勝手に予想していたのですが、大ハズレ! 驚くべきことに、78%の人が「0円」でした。

みなさん、すごい! でも、コメントを見てみると「つられて買わない!」という強い意志を持っている人はごくわがか。大半が「ないと思う」「覚えていない」「分からない」というものでした。

中には、「買いたくても地方なので、買いに行けないんです」という事情がある人のコメントもチラホラ。どちらかと言えば、ついつられ買いをしてしまう派に属するであろう筆者は、少し安堵しました。

■スイーツに弱い人は買ってしまう傾向

逆に、「つい買ってしまった」人は22%。金額的に1番多かったのが1,000円の4%と、10万円の4%。なんだか金額の差が開きすぎていて妙な感じがしますが、その他の回答金額も様々でした。

また、「何につられることが多いのだろう?」と思ったら、スイーツでした!

例えば、「堂島ロールなどのロールケーキやクリスピークリームドーナツなどのスイーツ」「ルタオのチーズケーキ」「ロイズチョコレート」など、スイーツに目がない人が多いみたいです。

ちょっと意外だったのが、回答者の性別。スイーツといえば女性のイメージがありましたが、買う派の7%が男性で、しかもスイーツ好きということが判明しました!

10万円と答えた35歳の男性なんて「おいしそうなら買っちゃう」というコメントを寄せていました。何だか可愛らしい発言ですよね! 世の中にはスイーツ好き男性が多いことがよくわかりました。

ちなみに、みなさんの平均購入金額は4,408円。また、「買ってはみたものの失敗だった」という感想は全体の2%くらいで、あとはそれなりの満足感は得られているようにも感じましたよ。

時々、食のスタイリングで撮影現場に立つ側の筆者としては、視覚的要素から食欲が刺激され購買意欲につながる“つられ買い”は嬉しい反応であります。

でも、食べてみたら「美味しくて結果オーライだった!」という結末が、何より。選ぶからには、ぜひ自分が満足できるものをチョイスする目を磨いてみては?

(文/喜田宏美)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年11月12日(水)

調査対象:全国の20~30代の男女100名

関連記事