無神経すぎ!パンツのズレを堂々と人前で直す女子は●●%と判明

  • LINEで送る
2014.12.02

shutterstock_175678925

ひょんなことからパンツがちょっとズレて、「あ~直したい!」と思うこと、ありますよね。直したいけど、何せパンツ。うかつには直せないんですよね……。

でも、お尻がムズムズしてたまらなくなった経験、ありませんか? ズレるのが嫌でTバックを履く女性もいますが、世の中にはそんな女性ばかりではありません。

ぶっちゃけ、パンツがズレたりお尻に食い込んだりした時、みなさんはどんな風に対処しているんでしょうか?

そこで、20代~30代の女性限定で「出先でパンツの線がずれた時、あなたはどうやって直しますか?」と聞いてみました。

直し方を聞いたのですが、なんとこの調査でパンツのズレなどいちいち直さない派の女性が32%もいることが判明!

わぉ~! みんなスゴイな~。どうして直さないんでしょうか。今回は、男子には絶対に言えない女子の本音を一緒に覗いてみましょう!

■女性はパンツのズレなんて気にしちゃダメ!

まず、32%の「パンツのズレなんて、いちいち直さない!」と豪語する女性はどうして直さないのか? 理由を探るべく、コメントを見ていったところ、「パンツが少々ズレていても気にならない」との声が大半でした。

ちょっと鈍感なのかな? 全く気にならないなんて、羨ましいです。ズレなんて、どうでもいいのでしょうか? モゾモゾしないんですかね?

他には、「出先では多少ズレても我慢します」「経験がない」「そもそも、そんなズレるようなパンツを履かない! 絶対にサイズが合ってない!」などの声も……。

もしかしたら、女性として気にしちゃダメなところなのかもしれませんね。

■ただし約7割は外でもパンツのズレを直す派

先に、少数派の声をご紹介しました。しかし、外でもパンツのズレを直す派は68%。こちらの方が圧倒的に多数です。

それでは、「いやいや、ズレたら出先でも直すでしょ!」と答えた女性68%は、一体どんな風に直しているのでしょうか? 次は、多数派女子達の直し方をピックアップ!

実は、外でも直す派の女性はほとんど「トイレで直す」とコメント。筆者も、最初に頭に浮かんだのはトイレでした。

でも、トイレに行けない時や、すぐそばにトイレがない場合もありますよね……。そこで、多かった答えが「人目がないか確認してから直す」「人目のないところを探す」といった声でした。

他には、「服を整えるフリをして直す」という声も多く寄せられました。

これは具体的には、「いつも長めのカットソーを着て、服を整えるフリをして直す」などと常にパンツがズレてもOKな状態にしている、「痛いのを我慢して腫れたことがあるので、ポケットから直すようにしている」など。

パンツがズレていて痛いのを我慢して腫れたなんて、大変でしたね。でも、どこがどんな風になってそうなったんでしょうか? というか、そもそもどんな素材のパンツなの? お姉さんにちょっと教えて!

ちなみに、この“外でもパンツのズレを直す派”68%のうち、9%は「堂々と直す」でした。

え~! わざわざ「堂々と!」と書くなんて……。どれくらい堂々と? まさか異性の前でも? 上司の前でも? TPOって言葉は知ってるかな?

寄せられたコメントは、「普通に直す。誰も気にしていない」「出先でも平気で直す。そういうのは私だけじゃないと思う。だから、恥ずかしいことでもない」など。

ちょっとちょっと。みんながやっているからといって、「恥ずかしいことではない」と言い切ってしまうのは、いかがなものでしょう?

逆に、「直している人を見たら、引いてしまう」「人前で直すなんて、ありえない。いくつであっても女性としてのマナーでは?」といった声もチラホラありました。

うんうん、そうそう。筆者も「せめて人目を避けるくらいの気持ちがあった方が、同性としても許容範囲なんじゃないかな~」と感じました。

同性でさえ、パンツのズレを直す姿にドン引きするんですから、異性から見たら本当にありえないですよね! みなさん、パンツのズレは人前で直さないようにしていきましょう!

(文/喜田宏美)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年11月25日(火)

調査対象:全国の20~30代の男女100名

関連記事