驚愕!みんな1ヶ月に●万円は買い物していないとストレスだった

  • LINEで送る
2014.12.14

shutterstock_175905296

この先、何があるかわからないので、お金を貯めることは大事なことです。

しかし、使うことも同じくらい大事! 何かを買うだけで、ストレス解消にもなります。やっぱり仕事や家事を毎日頑張ってるんだし、洋服や小物や雑貨などのご褒美も買いたくなるものですよね。

そんなわけで、お金がないと心の余裕までなくなってしまいます。そこで、全国の男女100人に「あなたは1ヶ月に最低何万円買い物しないとストレスになりますか?」と質問してみました。

結果、浮かび上がってきた数字が、12,755円となったのです!

「え、そんなもん?」と思った人、「贅沢!」と思った人、色々いると思います。みんなが買い物する理由もあわせて、アンケート結果を詳しく見ていきましょう。

■なんと1ヶ月に10万円以上使う派はみんな既婚者だった

まず、1ヶ月の平均買い物金額は1万弱でOKとなったものの、今回のアンケートで最も高かったのは20万円でした。

また、10万円以上と回答した人が4%いました。独身貴族を謳歌しているみなさんかと思いきや、この人たちは全員既婚者だったのです! 驚きですね。ただ、ちょっとコメントを見てみると、何かに依存的な感じがしました。

「15万円。買い物しないと生きていけない」

「10万円くらい。服とか買わないと気が狂いそうになる」

「10万円くらい。飲み食いしたい」

結婚していてそんなにお金が使えるなんて「どんだけセレブなのよ!」と思いきや、(仮に高給取りなのだとしても)何だか少し気の毒な気もしました……。

■男性は女性より6,343円以上1ヶ月に買い物していた!

そして、今回のアンケートを男女別で見たところ、驚くべきことが判明。

男性の平均買い物金額が15,355円だったのに対し、女性は9,012円でした。なんと、6,343円もの差があったのです! 女性の方が買い物好きというイメージがあるだけに、なんだか意外ですよね。

実はこれ、金額での比較ではなく、人数で比較すると逆転現象が起きるのです。

1円以上お金を使ったという人の数で調べてみたのですが、男性は40.7%、女性は53.7%。金額は別として、やはり、女性の方が男性以上に買い物の機会を持っていたわけです。

それでは、みなさん、どのようなものを買っているのでしょうか? 気になりますよね。早速ご紹介しましょう。

「8万円ぐらい。5万円は遊びの予算としている。その他3万円は、食費など」

「3万円くらい。毎週買ってる週刊誌、時々無性に食べたくなるチーズ、後はずっと飲んでるサプリ類。どれが欠けても不安になる」

「3万円。服を買いたい」

「2万円。酒とタバコが殆ど。お金を使うというよりは、依存しているだけかも(笑)」

「1万5千円位。外食に使うことが多い」

「1万くらいは使わないとダメかも。ひとりの時間で、お茶をするくらいだけれど、それがないと自滅しちゃう」

「古本を1万円くらい」

「千円。好きな本2~3冊は買いたい」

みんな、大きく分けて、外食、ファッション、趣味、嗜好品にお金を使っているようです。とくに女性は、ご褒美スイーツ等、ささやかな金額で満足している人が目立ちました。

 ■54%の人は買い物をしなくても平常心を保てていた

しかし、世の中には、買い物をしなくても平気でいられる人が54%もいたのです! それで、1ヶ月の平均買い物金額は1万弱になった様子! その人達のコメントもご紹介しましょう。

「そんなので気が狂ったら、生きていけません」

「買い物しないことより、お金が貯まらないほうがイライラする」

「今、使えるお金がない。生活費でいっぱいいっぱい」

「むしろ無駄遣いする方がストレス」

「買い物は必需品のみ。最近はすぐに1日の予算がオーバーしてしまい、食材の乏しい中で事をこしらえなければならない。そのストレスで発狂しそうになる」

「使わなくてもよい。むしろ、お金を使わずに過ごせれば嬉しい」

どれも「ごもっとも」という感じもしますが、買い物好きからしたら、信じられないコメントぞろいかもしれません。

そして意外だったのは、「無駄遣いする方がストレス」という意見が目立っていたことです。みんながこんな心持ちになれたら、最強ですよね。

でも、どうしたらなれるのでしょうか……? そんな買い物好き女性のために、最後はこんなコメントをご紹介させてください。

「(買い物をしなくても)全然気になりません。本当に欲しいものは高くても買います」

確かに、こう考えながらお金を使っていたら、浪費が投資に変わりそうですよね! あなたも、本当に欲しいものをよく考えてから買い物するようにしてみては? それだけでストレスは確実に減るはずですよ!

(文/富士峰子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年11月28日(金)

調査対象:全国の男女各50名

関連記事