あ~黒歴史!絶対に見られたくない過去ツイートを消す3つの方法

  • LINEで送る
2014.12.15

shutterstock_200486810

みなさんは、Twitterを使っていますか?

自撮り写真、仕事の愚痴、ネガティブな発言の投稿など、その時はよくても、後になって「あれ、なんであんなツイートしちゃったんだろう」「ヤバイ、あのツイート恥ずかしい」と後悔した経験がある方もいるはず。

特に酔った勢いでの投稿、怒りに任せた投稿は、あとで「消したい!」と思う可能性が高くなるはず。

そこで今回は、アメリカ『ABC News』から、過去のツイートを削除するための方法3つを見ていきましょう。Twitterを利用している人、必見ですよ!

■1:マニュアル削除

マニュアル削除は、特定のツイートを削除するのに適しています。例えば、自分の働いている会社が特定されるような情報を誤って投稿したときなんて、焦りますよね。

投稿後すぐであれば、簡単に削除したいツイートを見つけることができるはず。

しかし、古いツイートを削除したい場合は、検索ボックスにあなたのアカウント名と、あなたがツイートしたとき使用した言葉、例えば「会社近くの●●」「社内旅行で沖縄」などのキーワードを打ち込みましょう。

すると、あなたが削除したいツイートを見つけることができると思います。

その後は、アイコン(…)をクリックします。次に「ツイートを削除」をクリックすると、ツイートが削除されます。

■2:削除サービスを利用

『Tweet Delete』は、サードパーティにより提供されているサービスで、抹消したいツイートの削除をします。

このサービスを承認したのち、プロフィール情報をどの程度削除するのかを選択します。この削除サービスは1週間以上たったツイートをすべて削除することができるのです。

1年以上前のツイートを削除することもできますよ。過去のツイートを一気に削除したい場合に、向いていますね!

■3:アカウントを削除

「設定」をクリックし、ページ一番下にある 「アカウントを削除」をクリックしましょう。

次の画面になると、同意書を読み、そして、パスワードを入力するように促され、本当にアカウントを停止してよいかどうか確認されます。ツイッターはデータを30日間保存し、その間に、気持ちが変われば、アカウントを復活もできます。

しかし30日以降を過ぎると、永遠にそのアカウントは削除されてしまうので要注意。アカウントを削除する方法は、ツイートやフォローなど全ての情報が削除されるので、これは最終手段かもしれませんね。

気軽につぶやけるのがTwitterの利点ですが、「あの投稿を見られたら恥ずかしい」と過去のツイートを後悔することがあるかもしれません。そんな時は、今回紹介した方法を使ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、削除できるからと、安心して何でもつぶやくのではなく、そもそも投稿内容には十分注意をしたいですね!

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

3 Hacks to Delete Your Most Embarrassing Tweets-ABC News

関連記事