嫌われる原因!炭酸を飲んだ後に出るゲップ「不快指数」は●●%

  • LINEで送る
2014.12.21

shutterstock_146385842

コーラやジンジャーエールなどの炭酸飲料は、おいしいけど飲むとゲップが出るのが難点。自分のゲップもイヤですが、他人のゲップも勘弁してほしいもの。

しかし、グビグビグビ、プッハァ~、ゲプッと、爽やかな味わいの炭酸飲料を飲んだ後は、ついつい無意識のうちにゲップをしている人もいると思います。

そこで、全国の20~30代の男女100人に、炭酸飲料を飲んだ後のゲップを目の前でされた時の不快指数を調査してみました。

その結果、不快指数は54.6%にものぼることがわかりました! なんともこれは聞き捨てならない数字です。実状を知るべく、早速アンケート結果をひもといていきましょう。

■不快指数100%以上という人が23%も!

アンケート結果をみると、不快指数100%以上と回答した人が、なんと23%にも達していました! ちなみに、最高不快指数は300%でした。

それでは、この人達から寄せられたコメントをご紹介しましょう。

「200%。横浜中華街で彼とデート中に、知らないおじさんにすれ違いざまにゲップをかけられた」

「200%。ホント無理。“最低”と吐き捨ててその場を去りたい」

「130%。本当にお育ちを疑いますし、食事の場所なら引きます」

「120%。こっち見んな!」

「100%。エチケットを意識して欲しいと思います」

「100%。せめて口を手でかくせ」

他に、「気分悪い」「気持ち悪い」「汚い」「下品」と言った意見が目立ちました。それにしても、中華街でデート中のエピソードはホント悲惨ですよね。200%と申請する気持ち、よ~くわかります。

■しょうがないけど不快なものは不快!

では次に、100%以下だった人達のコメントから、印象深かったもの、ユニークだったものをいくつかご紹介します。

「80%。言うよりもぶん殴りたくなります」

「70%。口に手を当てる等の配慮が無く、堂々とゲップされると、しょうがないのは分かっていても嫌な気持ちになります」

「70%。“君はカエルの鳴き声をしているんだね”と言う」

「実際に知り合いがそうなったとき、それほど大きな音ではなかったし申し訳なさそうにしていたので50%。でも、大きな音で平気でされたらすごく嫌です」

「65%ぐらい。女友達や子供のは不快じゃないけど、男性がすると嫌な気持ちになります」

「30%。しゃっくりのように、不意に出るのは仕方ないけれど、わざとみたいに出す人には知り合いだったらやめてと言います。主人には最初に出されたときに言いました」

「嫌いな人なら、100%、そうじゃなければ、0%」

なお、アンケートで多かったのは、「(生理現象だから)しょうがない」とは思っていても、不快なことには違いないという声でした。また、相手が誰かによって不快指数が変わるという意見も目立っていまいた。

■ただし33%はゲップを気にしない派!

実は今回のアンケートでは、他人のゲップに対する不快指数0%という人が、33%いました。いったいこの人達はどんなコメントを寄せているのでしょうか? 気になるその内容をご紹介しましょう。

「生理現象だからしかたない」

「あんまり気にしない。我慢されているよりはよい。」

「いちいち気にしないし、炭酸飲むとみんなゲップでるよね。お互い様な気がする」

たしかにゲップは、生理現象だしお互い様に違いありません。しかし、数字を見る限り、そう考えているのは全体の3割程度ということですよね……。

となればやはりここは、その他大多数の人達のために、多少の気遣いが必要になると言えるでしょう。

無理してゲップをひっこめる必要はありませんが、出そうになったら手で口をおおうなど、ほんのちょっとの気配りを意識したいものです。

ただし、人一倍ゲップが出るという人は、逆流性食道炎など、病気のサインであることも! 気になるようなら、お医者さんに診てもらってくださいね。

(文/富士峰子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『リサーチプラス』

調査期間:2014年12月3日(水)

調査対象:全国20代~30代の男女100名

関連記事