精神的苦痛は高額!毒親に請求したい慰謝料はなんと一千万円超え

  • LINEで送る
2014.12.31

shutterstock_208875061

最近よく聞くようになった「毒親」。「親だったら子供に何をしてもいいのか!」そんな声があちこちで聞こえてくるぐらい、今や社会問題にもなっています。

もちろんすべての親が「毒親」というわけではありませんが、多かれ少なかれ誰でも、一度は親に文句を言いたくなったことがあるはずです。

さて、そんな親に対してもし慰謝料を請求できるとしたら、どれぐらいの金額を要求するのかアンケートをとってみました。

結構すごい意見でちょっとひいてしまうかも……。

■毒親に請求したい慰謝料は平均なんと1,962.92万円!

1,962.92万円というのはあくまでも平均値。回答は0円~1億円と、とても幅広いものでした。

一番多かった回答は「0円」で60%以上の方が「親に請求なんてしない」とのこと。

「親には感謝している」「育ててもらっているからこちらが払いたい」「毒親ではないので。これから親孝行して返したい」「1円も請求したくない」など、とにかく模範的な意見が多数ありました。

「毒親?え?何それ?」そんな声さえ聞こえてきます。

■恨み辛みはやっぱりお金で取り戻せるものではない

さて、0円以外の金額はというと……。

もうこれは歯止めがききません。数万円というのはごくわずかで、とても払えそうな金額ではない、ン千万円から億単位まで、どんどん金額があがっていきます。

余程恨んでいるのか、「一生暮らせるぐらい」「生んだことに責任を」「人生を台無しにされたので、人生終わるまで支えろ」など、かなり辛い目にあったのではないかと思えるほど……。

そうなると金額ではないんですね。でも、「毒親になろう」なんて思って親になった人はいないはず。そう思いたいし、「毒親」に育てられた人がいないことを願うばかりです。

親も「良かれ」と思ってやったことが、裏目に出ることもあるはず……。親の心、子知らず。そして子供の心、親知らず。というのは当たり前。お互いに思いやる心が大事ですよね。

これはあくまでもアンケートです。実際に、子供が親に慰謝料を請求するようなことがないように祈るばかり。また、自身も毒親にならないよう、気を付けていきたいですね。

(文/Jeana)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年11月27日(木)

調査対象:全国の20~30代の男女100名

関連記事