危険!日本人の7割弱は●●な部屋より暗い部屋がストレスだった

  • LINEで送る
2014.12.19

shutterstock_128741456

お部屋探し中、山ほどある物件情報を眺めていると、“日当たり良好”と“収納抜群”って言葉が飛び交いますよね。よって、多くの人がこのふたつを物件選びの条件にしていることが分かります。

でも、払える家賃内で理想の物件に出会うことは稀。実際は条件を絞って妥協してやっと決まるのが現実ですよね。

そこで、もし“狭い部屋”か“暗い部屋”のどちらかを選ばなければいけない、究極の選択を迫られたら、みなさんはどちらを選ぶでしょうか?

今回は、「狭い部屋と暗い部屋、どっちがストレスになりますか?」という質問を20代~30代の男女100名に聞いてみました。

すると、「暗い部屋がストレス!」と感じる人が圧倒的で、67%ということが判明。多くの日本人は、お日様なしでは耐えられず、“日当たり良好”物件を求めているのですね。

このような結果となった理由は、一体何なのでしょうか? 寄せられたコメントの一部をご紹介したいと思います。

■狭い部屋より暗い部屋は気が滅入る上にお金がかかる

まずは、日当たりは心身に影響するという意見から。

「初めて一人暮らしした人が日差しの入りにくい部屋で鬱になったから」

「住んでみましたが、太陽の光が少しでもささないと具合が悪くなります」

「日が当たらないと心まで陰気くさくなる」

「気分まで暗くなりそう」

リアルな実体験も多く寄せられ、太陽の光が心にも体にとっても大切なことが分かりました。

著者も隣にビルが迫る日当たり5%くらいの部屋で同棲したことがありますが、なんかイライラして喧嘩が絶えず半年で引っ越しをしたことがあります。あれも日当たりが問題だったのかも?

あと、現実的なマイナスを挙げる人もいました。

「電気代もかかるし、気分も暗くなりそうだから」

「カビなどの問題も出やすいから」

「カビや真冬の寒さが嫌だから」

「暗いと電気代もかかるし、寒い」

「洗濯物がお日様で干せないのが苦痛」

「物が見えづらいから」

これは大きな問題! 陽が射さないと昼間も電気が必要で冬なんて外より寒くて、電気代を見て悪寒に震えちゃうし、カビ対策で湿気取りを入れたり、日当たりの悪い部屋ってコスト高なのです!

■狭い部屋はむしろ落ち着くから暗い部屋より平気!

では、狭い部屋はどうして妥協できるのでしょう?

「今、狭い部屋に住んでいるので狭いのは大丈夫」

「狭いのは慣れている」

「狭い部屋は努力次第でどうにかなる」

「狭い部屋はむしろ好きだから」

そもそも狭い国に住む私たち日本人は、狭いところなんて遺伝子レベルで慣れているのかも知れませんね! 収納もあれば便利だけど、無くても工夫することも昔から当たり前になっている。

だから狭い部屋の方が大丈夫、との結果となったようです。

確かに、日当たりの悪さは狭さのように慣れるってことができません。物件を紹介してもらう時は、陽が当たる時間を選んで内見を組む不動産屋さんもありますから、具体的に時間を確認することも必要かも。

部屋は自分のすべてを委ねる場所。しかも、なかなかすぐには変えられないお買い物です。だから、部屋選びは慎重にしたいものですね!

お部屋選びに慣れていない人は、不動産屋さんとの出会いが重要。まずは地元密着の不動産屋さんと、じっくり条件を話し合うようにしましょう!

(文/茶柱ズバ子)

 

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ『簡単アンケート』

調査期間:2014年12月3日 (水)

調査対象:全国20~30代男女計100名

関連記事